野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2018年2月6日 (火)
アオバト

美しい緑色のアオバトのメスが救護センターに運び込まれました。
カラスにつつかれ,命からがら逃げたものの,動けずにいたようです。
首の部分に,とてもとても深い傷を負っていました。
すぐに縫合手術を行いましたが,残念な結果となりました。

blog20180206_3_q5 アオバトのメス

手術前の処置で羽を取り除いたときに,ポコッとした不思議な膨らみがあり
何だろうと思っていたら,アオバトの嗉嚢(そのう)にドングリが入っていました。

嗉嚢は消化器官の一つで,食べたものを一時的に蓄える袋のようなものです。
食べたものは,腺胃(せんい)という器官で分泌される消化液とともに
砂嚢(さのう)に送られ,消化されていきます。
アオバトはドングリを食べた後
じっと消化を待っていたところを襲われたのかもしれません。

blog20180206_1_q5  これが出てきました!

あとでドングリを調べたら,アラカシのドングリでした。
ドングリの中ではアラカシは渋みが強く,人が食べても美味しくはないのですが,
アオバトには美味しい実だったのでしょうか。
アオバトは,救護センターで用意する色々な餌を片っ端から拒否する鳥なので
今後の餌の参考になりました。

アラカシは西日本ではよく見られるブナ科の常緑樹です。
blog20180206_2_q5
鋸歯(葉っぱのギザギザ)が粗いので,アラカシ(粗樫)と呼ばれています。
春に花が咲き,同じ年の秋にドングリができる一年成です。

さっそくドングリを土に埋めました。
春になって芽が出たら,若木になるまで育て,アオバトを偲ぶアラカシとして
どこかに植樹したいと思います。(遠大な計画ですが…)

                              救護センタースタッフ 吉川

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示