生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センターブログ

2020年9月14日 (月)
3か月ぶりのサル舎でのお勉強


新型コロナウィルス感染症感染拡大防止対策で,サル舎のお勉強場所が閉鎖区画になってから,公開での「お勉強」は中断しています。
それでもテナガザルやマンドリルたちに忘れられないように,休園日に実施したりしていたのですが,その後,暑すぎたり時間の余裕がなかったりして,夏の間ずっとお休みしていました。

暑さもおさまってきて,ようやく休園日の今日,約3か月ぶりに「お勉強」をやってきました。

始めるまで少し時間を要しましたが,始めると以前とそんなに変わらない様子で問題を解くベンケイ。


でも,しばらくすると疲れたのか,「お手上げ」のポーズ。

このポーズの意味は,勉強の画面におおいかぶさって画面を見えなくして,しかも画面に触る手は格子を握っているので,「勉強できません(しません)」という意志を表しているようです。

そして,ベンケイが席を立って離れたすきに,やってきた息子のヨシツネ。

何かもらえることを期待した目をしていますが,残念ながら,この子はタッチモニターにさわればいいことが起こる,という学習ができていません。ただ座って待っているだけ。

そのうち,ベンケイが帰ってきて,追い払われる。


戻ってきたが,勉強はしないベンケイ。

モニターの正面に座らず,手は格子を握っている。
勉強はしたくないけど,この場所は他の個体にはゆずらない,と主張しているようです。

やる気がないようなので,オネさんと交代。

何もしないと,オネさんを追い出してモニターの前に居座ろうとするので,離れたところにリンゴやニンジンのかけらを放ってやって,その隙にオネさんに問題をやってもらいます。

そして,もう一度,ベンケイと交代。

したと思ったら,やおら立ち上がり,カメラに手を伸ばしてきた!

左上の舌のような赤い部分は,ベンケイの鼻です。

ベンケイが顔の近くまでカメラを引き寄せましたが,丈夫なカメラなので全然大丈夫でした。
けっきょく,この後も,ベンケイのやる気は戻ってこなかったので,おしまいにしました。

一方,シロテテナガザルの方はというと,
シロマティーには,かなり簡単な問題を出してみました。


ポチポチと始めましたが,すぐに飽きてしまったようです。

シロマティーは,少しでもやってくれたらOKとするかな。

次はいつできるかわかりませんが,どちらも思ったよりはブランクを感じさせない様子で一安心でした。


田中正之

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示