野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2019年11月09日 (土)
野鳥を測定

野鳥に詳しい人でも,見分けることが難しいとされるのが
ウグイス,ヤブサメ,メボソムシクイ,センダイムシクイです。
どれも同じ顔に見えます。
鳴き声は,ウグイス「ホーホケキョ」, ヤブサメ「シシシシ」, メボソムシクイ「ゼニトリ,ゼニトリ」, センダイムシクイ「チヨチヨビー」と個性的なのに…。


この鳥も悩みに悩みました。
三人寄れば文殊の知恵というのに,烏合の衆だったのか,「足の色が違うよね」
「そもそも日本にはいないし」 「大きさが違う」 「それは夏鳥やし」と,
喧々囂々で決まらず…。
名前がはっきりしないまま鳥が亡くなったので,各部のサイズを測り,
とても野鳥に詳しい先生に同定をお願いしました。
結果は,足が黒っぽいけれど,ウグイスでした。

鳥が持ち込まれたときに体重は量りますが,バタつく鳥の体のサイズを一人で測るのは至難の業なので,亡くなった時に必要に応じて測っています。

*全長*

図鑑によく載っている全長(ぜんちょう)は,鳥の嘴の先から尾羽の先までの長さです。L(length)で表されることもあります。

エナガの全長は14センチ。スズメと同じ全長ですが,体はずいぶんと小柄です。
 
尾羽や嘴が長い鳥だと,体が小さくても全長が大きくなってしまうので,鳥の特徴を覚えておくと良いですね。

*翼開長*

翼開長(よくかいちょう)は,鳥が両翼を広げたときの左翼の先から右翼の先までの長さです。W(wingspan)で表されることもあります。

*翼長*

翼長(よくちょう)は,たたんだ翼の長さです。人の手首に当たる翼角(よくかく)から翼の先までの長さになります。

*尾長*

尾長(びちょう)は尾羽の付け根から先までの長さです。

*嘴峰長*

嘴峰長(しほうちょう)は嘴の付け根から先までの長さです。

ハヤブサのように蝋膜(ろうまく)がある鳥は,蝋膜を除いた長さになります。

蝋膜とは上嘴の付け根にある肉質のもので,ハヤブサでいうと黄色っぽい部分です。蝋膜には鼻孔が開いています。

*跗蹠長*

跗蹠長(ふしょちょう)は,鳥のかかとから足指の付け根までの長さです。
膝のように見えるのに >の形に曲がるところが,踵(かかと)です。
膝ではなく踵なので,跗蹠は人でいうと足の甲に当たります。
ということは,鳥はいつもつま先立ちしているんです。すごい!

野鳥を計測する機会はなかなかないですが,全長とか翼開長とかの用語を覚えておくと,いつか役に立つことがあるかもしれません。

                               救護センタースタッフ 吉川

 

 

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示