野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2020年10月16日 (金)
ホンドギツネ,放野を目指して(3)

前回までのお話
交通事故で救護センターに運び込まれたホンドギツネの源九郎。
壁に寄りかかりながら「伏せ」ができるようになりました。

体を起こすことができるようになると,人工芝を敷き詰めた部屋の中を,ズリズリと這って移動するようになりました。
そのせいで,同じところばかりが擦れ,何か所か擦り傷ができてしまいました (>_<)

体を抱えて立たせると,後ろ足に少し力が入るようになってきました。
ちょっといい感じです。
9月下旬には壁にもたれて「お座り」をするようになり,さらには生まれたての仔鹿が立つような感じでヨロヨロと立ちました。

  

そしてついに,崩れ落ちながらも2,3歩歩いたのでした。

いつになったら動けるのか内心やきもきしたこともありましたが,回復しだしたら,そのスピードの速いこと!
劇的で,めざましい,驚異の回復力を目の当たりにして,希望の光がはっきりと見えました。

この頃になると,エサを自分で食べるようになり,私たちとも距離を置くようになりました。目が合うと,そそくさと逃げるようなそぶりを見せだしたので,リハビリも自主的にしてもらうことにしました。

源九郎を収容している部屋には,ドアを隔てて砂地の地面がある外ケージも隣接しています。通称,砂ケージです。
まだちゃんと歩けないので,行き来させるのは時期尚早ですが,外気を感じてもらいたくて,ドアを開けバリケードを開け,バリケードを作りました。


源九郎が立ち上がっても,到底,乗り越えられない高さです。
しかし,源九郎は不屈のチャレンジャーでした。

(つづく)

救護センター担当 吉川

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示