野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2020年7月2日 (木)
6月の救護センター

6月に救護センターに運び込まれた鳥は,アオバズクなど8種9羽いました。
 アオバズク(参考写真)
そのうち受付をしたのは4羽です。
あとの5羽は,到着時に元気を取り戻していたり,残念ながら既に死亡していたので受付はしませんでした。
ヒナだったので受付をお断りし,
拾った場所に戻してもらうようお願いした事例も2件ありました。

ヒナをお断りするには理由があります。
ヒナをわざわざ持ってきたご足労を鑑みれば,受け取っても良いのではないかと思われるかもしれません。
確かに,ヒナにエサを食べさせれば,大きく育っていきます。
しかし野鳥なので,その後は野生で生きていかなくてはなりません。
人に育てられた野鳥は,どうなるでしょうか。 


公園で見かけたムクドリの親子です。
子どもは親鳥とほぼ同じ大きさで,ちゃんと飛ぶこともできます。
けれども,エサをねだって食べさせてもらっています。
巣立っても,親鳥からのサポートが必要なのです。

親鳥の庇護のもと,様々なことを体験し,学んでいきます。
人が近づくと,親鳥の後を追って場所を移動し,天敵から身を守る術を学びます。
親鳥の姿を見て,見よう見まねで地面をつつき,エサをとる方法を学びます。

残念ながら,私たちには親鳥のように,生きていくために必要なことをヒナに教えることはできません。
危機管理も採餌のコツも学べなかったヒナは,どうなるでしょうか。
親鳥と一緒にいるヒナでも狙われるのに…。

巣立ち前に巣から飛び出してしまったヒナは可哀想に見えるかもしれませんが,
人に育てられ,無防備で無知なまま野に放たれるほうが,
もっと可哀想な末路をたどるだろうと思います。

もしヒナを拾ってしまったら,元の場所に戻してあげてください。
親鳥が我が子を探しています。

                               救護センター担当 吉川

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示