野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2019年11月14日 (木)
大水薙鳥


2年ぶりにオオミズナギドリが来ました。
舞鶴市の冠島に繁殖地があり,京都府の府鳥に指定されている海鳥です。
この鳥が来ると,いつにも増して気合いが入るというか,緊張感が高まるというか,
衰弱との戦いに挑む臨戦態勢に入ります。

オオミズナギドリは地面からは飛び立てない鳥です。
全長48センチに対して翼開長が120センチもある長い翼は,
海上で風をとらえて滑空するのに特化した翼です。
南の国へ移動するときに,台風などに巻き込まれて地面に降りてしまうと,
長い翼がつっかえて,飛び立てなくなります。
地面でじっとするしかないのです。


救護センターに運ばれてくるオオミズナギドリたちは不思議と,
動物に襲われることもなく,交通事故に遭うこともなく,
ほとんどが今すぐにでも放野できる状態です。
しかし,ここは海から離れているため放野の手続きに時間がかかり,
保護している間に衰弱して亡くなる子もいるので,毎回ヒヤヒヤします。
 

というのも,オオミズナギドリは置き餌を食べないので,
強制的に食べさせないといけないからです。

捕まえて,ガッチリ確保して,口を開けて,魚を喉の奥に突っ込む。
これを繰り返すのですが,栄養も量も十分ではないでしょうし,
何といってもストレスを与え過ぎてしまいますね。


しかも誤って気管に魚を入れると窒息するので,細心の注意が必要です。
時に吐き戻すこともあり,保護している間は気が気ではありません。

今回は,まだ元気なうちに何とか放野できて良かったです。
成鳥が渡った後に,幼鳥の渡りが始まるので,まだまだ気は抜けません。

                               救護センタースタッフ 吉川

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示