野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2019年09月28日 (土)
渡り鳥飛んでいく南の空へ

渡り鳥が行き来する季節になりました。
春から夏を日本で過ごして繁殖を終え,今年生まれの若鳥ともども南の国へ帰る夏鳥と,冬を過ごすために北の国からやってくる冬鳥が,秋空を飛び交います。

夏鳥ではツバメが一番身近な存在ですね。
冬鳥ではツグミやジョウビタキ,カモたちがよく知られています。
 
ツバメ               ツグミ

 
ジョウビタキ            キンクロハジロ(上),ホシハジロ(下)

タカの仲間にも渡りをする鳥がいます。
9月中旬から10月中旬にかけて,サシバやハチクマなどが,
琵琶湖の東岸を通って西南へと移動していきます。

9月下旬に,京都市と大津市との境にある岩間山でタカの渡りを観察しました。
タカは上昇気流に乗って旋回しながら高度を上げ,
やがて翼を広げたまま流れるように滑空します。
旋回上昇,滑空下降を繰り返しながら,飛んでいきます。

上昇気流に乗るときに,何羽ものタカが次々と集まり,縦に連なります。
これを「鷹柱(たかばしら)」と呼んでいます。
多いときは100羽以上も集まることがあるそうですが,5羽ぐらい集まっただけでも感激し,40羽ぐらいの鷹柱を見たときは歓声をあげました。


黒い点々がタカです。5羽いますが,見えますか?

流れ星のようなスピードでシューッと滑空していったハヤブサ,
太陽の光を受けて風切羽が透けて輝くサシバ,
頭がほっそりしているハチクマ,
羽の黒っぽい模様が見えた気がしたノスリ。
  
ハヤブサ           サシバ            ハチクマ

双眼鏡で見ても,豆粒やゴマ粒ほどの大きさにしか見えなかったのですが,
それでも驚きと喜びに満ちた時間でした。


留鳥のトビも紛らわしく飛んでいて,楽しめました。
この子は肉眼でもハッキリ見えます。

渡りの季節は,渡ってきて力尽きて事故に遭う鳥,
帰りのルートで山から街へ出て事故に遭う鳥が多くなります。
渡っていくタカたちを見送りながら,道中の無事を祈りました。

                               救護センタースタッフ 吉川

 

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示