野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2019年8月19日 (月)
そばにいるよ アオゲラ

京都の森にある救護センター掲示板では
京都市内で見ることのできる野鳥を随時,紹介しています。
今回はアオゲラです。

アオゲラはキツツキの仲間です。
キツツキと言えば,木の幹に垂直に止まる鳥として有名ですね。
幹からずり落ちないよう,体には工夫があります。
足指が前に2本,後ろに2本の対趾足になっていて,長い爪で幹をつかみます。
長めの尾羽は羽軸が堅いので,幹に尾羽を押し当てると,しっかり体を支えることができます。
両足と尾羽の三点支えです。

救護センターでは2015年にアオゲラを保護しています。
慣れない環境で落ち着かず,尾羽が擦れてボロボロになったことがありました。

野生復帰が叶わず,動物園の野鳥舎で飼育展示されるようになると
尾羽のボロボロに拍車がかかり,ついには尾羽が...

その後,尾羽はちゃんと生えてきました (*´▽`*)

さて,そのアオゲラ,
体を支える尾羽が無くなって,どうしていたかというと
枝に止まってエサを食べていました。

キツツキの仲間では珍しく,アオゲラはふつうの鳥のように枝に止まったり,
蔓にも止まることができるんです。
春の繁殖期に山の中で「ピヨーピヨーピヨー」と3回さえずる声が聞こえたら,
木の幹だけでなく,枝の上も探してみてくださいね。
オリーブ色の羽をしたアオゲラが見られるかもしれませんよ。
私はまだ見たことないですが (>_<)

動物園のアオゲラは今は亡く,
救護センター2階の柵に往時の姿をとどめています。
 

                               救護センタースタッフ 吉川

 

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示