野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2019年06月11日 (火)
野鳥保護のために私たちにできること(3)

救護センターに持ち込まれる野鳥は
人の営みや行為が原因となっていることが多く
人がほんの少し工夫や気遣いをすれば
防げたかもしれないと思うことがあります。
野鳥保護のために私たちにできることは何なのか,
4回シリーズの第3回は「放置された釣り糸や釣り針による被害を防ぐには」です。

釣り糸に絡まったり,釣り針を飲み込んだ水鳥が持ち込まれるケースは,
年間に1~2件あります。
窓ガラスへの衝突事故に比べれば,はるかに少ない件数ですが,
1件でもあるということに事の重大さが見て取れます。

ダイサギが持ち込まれたケースです。
脚や体に釣り糸がぐるぐる巻きに食い込んでいました。
(あまりの悲惨さに気が動転し,写真を撮り忘れました)
ハサミで糸を切っては外し,全部取り除いたと思ったのに,
なかなか外れない糸がありました。
どこに引っかかっているのだろうと糸をたどっていくと,
わき腹にルアーが付いていて,そこから糸が出ていました。

そうです。この針が,わき腹に食い込んでいたのです。

釣り針を飲んだマガモも持ち込まれました。
水草と一緒に釣り針を飲み込んだのでしょう。
翌朝には亡くなっていました。
 釣り針が食道に引っかかっています。


                  先の尖った2cmの針でした。

川や池は水鳥たちの生活圏でもあります。
エサを食べたり,休んだり,羽繕いをしたりと
水辺を行ったり来たりして過ごしています。
  

そんな水辺に,釣り糸があることに気づかず
脚や翼が引っかかってしまったら,どうなるでしょう?
うまく難を逃れる鳥もいるでしょうけれど,
そこから逃れようとして動き回り,糸が絡みに絡まって身動きが取れなくなる鳥もいるのです。
釣り糸や釣り針を回収していたら,こんなことにはなっていなかったのに。

回収するのが難しくて,あきらめて放置したのでしょうか。
面倒くさいから,そのままにしたのでしょうか。
大した量のゴミではないから,捨てて帰ったのでしょうか。

水辺には鳥たちもいることを知ってください。
一部の不行き届きな人のせいで,命を落とす鳥たちがいることを知ってください。

釣り糸や釣り針の回収を徹底すれば,
人も鳥も安心して水辺を利用できるようになると思います。
持ってきたものは持ち帰る,ゴミを捨てて帰らない,
この姿勢が野鳥保護につながっていくはずです。

                              救護センタースタッフ 吉川

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示