野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2019年05月14日 (火)
差羽


救護センターで初めてサシバを見たときは
こんなふうにずっと口が開きっぱなしで
ペロンと出ている舌の先がカピカピに乾いていて
何か病気なのかと心配しました。
(水で濡らしたら元に戻りました (^。^)

左肩が下がっているものの骨折はなく
旋回して飛ぶこともできるので
広いケージで自主トレに励んでもらうことになりました。
しかし・・・


掃除のためにケージに入ると口を開け
エサを置きにケージに入ると口を開け
ちゃんと食べているかこっそり見に行って,目が合うと口を開け
口を開けていない写真を撮ろうとカメラを向けると口を開け
って口を開けてばっかりやん!


                       だって嫌やねん!

サシバは夏鳥です。
4月ごろに東南アジアから日本にやってきて,繁殖を終えると
9月中旬には帰っていきます。
秋の渡りの時には群れをつくり,
次々と上昇気流に乗って旋回しながら高度を上げ,鷹柱ができるほどです。
内陸部を通るルートでは,琵琶湖の東岸から淡路島方面へと抜けていくので
京都でも観察できますよ。

他にも渡りをするタカはいるので,さらには留鳥のトビもあちこちにいるので
空を飛んでいるタカの中からサシバを見分けるには,
いくつかポイントがあります。

まずは,指のように見える風切羽の数です。
翼指(よくし)と呼ばれ,サシバは5枚です。

サシバのあごの下は白く,真ん中に黒っぽい縦線が入っています。
尾羽は茶系のボーダー模様(横斑)です。

救護センターにいたサシバは,先日,放野することができました。
繁殖のために日本に渡ってきたのだから,
伴侶を見つけていてほしいですね。

                               救護センタースタッフ 吉川
 

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示