野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2019年04月12日 (金)
ヒナを拾わないで!

桜の開花とともに,ツバメの飛び交う姿を目にする機会が多くなりました。
先日も「地面でじっとしているツバメが園内にいる」と連絡を受け,
救護センターで保護しました。
幸いなことに,ツバメは夕方には元気を取り戻し,空高く飛び去って行きました。

今頃は伴侶を見つけて,巣づくりを始めているかな。

5月になれば,ヒナに関する問い合わせが増えてきます。
ヒナは一緒に生まれた兄弟であっても,生まれた時からライバル。
し烈な生存競争が始まっています。
親ツバメがエサを運んで来るや,
ヒナたちは我先にと大きな口を開けて身を乗り出し
「こっち,こっち!私にちょーだい!ちょーだい!」と訴えます。

兄弟が多すぎる場合,体の小さな子がエサの争奪戦に負け
押し出されて落ちてしまいます。
まだ羽が生えそろっていないヒナならば
エサを与えてお腹いっぱいにさせてから戻してあげてください。
ミルワームやコオロギがなければ,
ドッグフードやキャットフードをふやかしたものでも大丈夫です。

何度戻しても落ちてくる場合は,
巣のすぐ近くに巣の代用品を設置し,落ちたヒナを入れてみてください。
もしかしたら親ツバメが気づいて,落ちビナにもエサを運ぶかもしれません。

 
これは巣が崩壊したときに,実際に使ったものです。
ヒナが成長すると,その重みで巣が壊れることが稀にあります。
巣の代用品はザル,カップ麺の容器,菓子箱などで作ることができます。
設置場所は,壊れた巣の近くで,雨のかからない所です。
これはヒナが飛び立てるようになるまでの,一時的な応急処置になります。

 カップ麺の容器


ヒナを育てることができるのは親鳥だけです。
親鳥や巣が見当たらないからと,人が育ててはいけません。
ヒナは親鳥から,生きていくうえで必要なことや大切なことを教わり学びます。

巣に戻せないヒナは決して拾わないでください。
ご理解とご協力をお願いします。

                               救護センタースタッフ 吉川

 

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示