野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2018年9月18日 (火)
真夏の珍客

今年の夏の暑さは半端なかったですね。
そんな夏の日から始まるお話です。

「カモを保護した」と電話がありました。
その時は,留鳥のカルガモかマルガモ(マガモ×カルガモの交雑種)だろうなと
思っていたのですが…。


赤茶色っぽいゴマ塩頭を見たときに
いやいやいや,今は夏やし,冬の渡り鳥はありえへん,と思いました。
しかし実際,目の前にいます。

エクリプス(カモ類オスの非繁殖期の羽模様)のヒドリガモかアメリカヒドリ?
それともヒドリガモのメス?

どうやらアメリカヒドリの要素もある「ほぼヒドリガモのオス」のようです。

ここ数年来,冬鳥なのにそのまま居つく個体が目撃され
ヒドリガモだけでなく,コガモもいたとの情報もありました。
猛暑日の連続記録を更新した京都なのに,
京都の町がそれほどいいの?
春の京都に魅せられて,ついつい帰りそびれたのかな。
酷暑の日々が待っているとも知らず。


このヒドリガモは左肩に咬傷がありました。
傷口の縫合もうまくいき,経過は良好だったのですが
困ったことが一つ。
ちっとも自分でエサを食べないのです。

こういう時は強制的に流動食を与えます。
ヒドリガモにしてみれば,捕まえられて,動けないように押さえられ
口を開けさせられて,管(カテーテル)を突っ込まれ,急にお腹がいっぱいになって
かなりのストレスになっているはずです。
それなのに,エサを置いても知らんぷりで,食べる気配なし。

しかし45日後。
突然,モリモリ食べだしました!
自分でエサを食べたほうが,嫌なことをされないし楽だって
やっと気づいてくれたんやね (*'▽')ノ

これで私たちも流動食作りから解放されました。
カチカチのペレットを乳鉢でスリスリすり潰す手作業は,
正直,辛かったのでした(>_<)

ちなみにこの子は,今いるカルガモとは違って
エサ皿へのこだわりはないようです。

                               救護センタースタッフ 吉川

 

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示