野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2018年09月11日 (火)
嘴細水薙鳥

ムナグロを放野した日,入れ替わりに救護センターにやってきたのが
ハシボソミズナギドリでした。

前回のシロハラミズナギドリ同様,台風に巻き込まれ風に流され
内陸に不時着したのです。
ホンマやったら太平洋にいるはずなんやけど。

一目見て,ミズナギドリとは分かったものの,どのミズナギドリ?な状態です。
見分けのつきにくい野鳥を識別できる検索表をたどっていくと
ハシボソミズナギドリとハイイロミズナギドリに行き着きました。

両者はとても良く似ていて,区別がつきにくいのですが
おでこが張りだしていて,嘴が細めなのがハシボソミズナギドリだそうです。

って言われても1羽だけでは比べようがなく,難しい。
今回も野鳥に詳しい方に判定をお願いしました(^_^;)

嘴の上に,小さなストローを2本くっつけたような管がありますね。

管鼻(かんび)といいます。
ミズナギドリ類は海水から水分を補給しているのですが,
海水は塩分濃度が高いので,余分な塩分を管鼻から出しています。
鼻から塩水~♪って感じかな。

ミズナギドリ類は飼育下では自分でエサを食べないので
いつもは口の中に魚を突っ込むのですが
この子はちょっと違っていました。
目の前に金魚を置くと,嘴でつまんで食べ始めました。
   
魚のお腹をつまんだら → 口の中で魚の向きをかえ → 魚の頭をつまみ

  
口の奥へと送り込み → しっかり嘴に魚を収めて → ゴクンと飲み込む。

上手に魚をつまめないと,すぐに食べるのを諦めてしまうのですが
工夫次第では,自分からちゃんとエサを食べられるようになるかも知れません。

ケガもなく,来た時よりも体重が増えて一安心。
救護センターで数日を過ごした後,無事に放野となりました。

                               救護センタースタッフ 吉川

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示
モバイルサイトのご案内 京都市動物園の情報が携帯でもご覧頂けます。