野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2018年08月06日 (月)
7月の救護状況

7月は鳥類5種6羽の持ち込みがありました。
そのうち4羽が骨折が原因で動けなくなっていたところを救護されました。

骨折
交通事故や壁への衝突など強い衝撃により起こります。
鳥類の羽は中が空洞のため骨折しやすく,整復も容易ではありません。
特に次のような骨折の場合,野生復帰の可能性が低くなると言われています。

<開放骨折>
骨折した骨の端が皮膚を貫通して外部に露出した状態。
皮膚だけでなく,血管や神経,筋肉などにも影響が及んだり,
骨折部が汚れやすいため細菌感染が起こる可能性が高い。

           右脚開放骨折のコサギ

<翼の骨折>
はばたきの際に最も力のかかる部分なので,
骨折してしまうと野生復帰が困難なケースが多い。

             左烏口骨骨折のツバメ


          左翼上腕骨開放骨折のマガモ

7月に持ち込まれた鳥類はこういった骨折の個体が多く,
残念ながら野生復帰とはなりませんでした。
今後も1羽でも多く野生復帰できるよう努力をしてまいります。
ご理解とご協力の程,よろしくお願いいたします。

   救護スタッフ アベ

 

 

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示