野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2017年01月15日 (日)
窓ガラス衝突事故多発中!


救護センターには様々な原因で鳥たちが運び込まれますが,
ここ最近多発しているのが窓ガラスや建物への衝突事故です。

(実際にはその現場に遭遇することはあまりなく,
推測によるものも多いですが・・・)

持ち込まれる機会があまり多くはない
ウグイスやメボソムシクイがこの冬,立て続けに持ち込まれ,
いずれも衝突事故が原因と思われるものでした。

内,半数以上が衝突したことにより脳震盪を起こし,
衰弱し間もなく,亡くなってしまいました。

衝突する勢いが激しい場合,嘴が折れてしまったり,
骨折をしてしまうなどの大怪我を負ってしまうこともあります。
下の写真は衝突疑いで運び込まれたキビタキとツツドリです。
blog2017115_02
Exif_JPEG_PICTURE
 

では,このような事故は防ぐことができないのでしょうか?

窓ガラスへの衝突事故には予防策があります。

それは,ガラス面にバードセイバーを貼ることです。
バードセイバーとは,鳥のシルエットを模したステッカーのことで,
鳥が窓ガラスにぶつかるのを防ぐものです。

これを貼ることで,全ての事故がなくなるわけではありませんが,
少しは効果があるかもしれません。
blog2017115_03

現在救護センターにいる,衝突事故により怪我をしたと思われる
メボソムシクイも,治療で1ヶ月ほどかかり,その間に季節が進み冬になり・・
夏鳥であるため,放野することができなくなりました。

救護センターで越冬させ,春先に放野予定です。

今は広いケージの中でたくさんエサを食べ,筋力をつけてもらい,
春を待ちたいと思います(^^)
blog2017115_05

※現在鳥インフルエンザ流行のため,傷病鳥類の受付を一時停止しております。

救護センタースタッフ  勝見   

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示