野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2015年2月15日 (日)
鳥の種まき


この冬に入り,2羽目のトラツグミが持ち込まれました。

主にミミズや昆虫を食べますが,
今の時期はミミズ類のほか,
冬場の貴重なカロリー源である,木の実などを食べています。

救護されてきた翌日,糞と一緒に
こんなものがでてきました。

ナンキンハゼ種

調べたところ,恐らくナンキンハゼの種子ではないかと
考えられました。

もともとは白い皮に包まれている種子ですが
胃の中で消化され,この黒い種子が
でてきたのでしょう。

ナンキンハゼ一連

鳥は植物の実から栄養をもらい,
植物は自分の行けない遠い場所へ鳥に種を運んでもらう,
持ちつ持たれつの関係となっているのですね。

前回のブログで紹介されたイカルは,
あの大きな嘴で実の中の種を割って食べるため種子散布に
あまり貢献していない鳥の一種です。
イカル

                                             救護センタースタッフ 勝見

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示