ニュース

2020年7月25日 (土)
グレビーシマウマの誕生について

京都市動物園で飼育中のグレビーシマウマに赤ちゃんが誕生しましたので,下記のとおりお知らせします。
本園では,平成29年10月8日に誕生した「ミント」以来の,グレビーシマウマの赤ちゃん誕生となります。

                    記

1 誕生したグレビーシマウマについて
(1)頭数   
1頭

(2)性別   
現時点で不明

(3)出生日  
令和2年7月24日(金)午後8時6分

(4)体格   
体長 約120cm
愛称 公募により決定
※公募方法については後日発表します。

(5) その他 
父「ナナト」と母「ミンディー」の第二子として誕生しました。(第一子はミント)
 父「ナナト」   平成24年7月10日 富山市ファミリーパーク生まれ
                          平成28年6月28日 来園
 母「ミンディー」 平成25年7月26日 ベークセベルゲンサファリ(オランダ)生まれ
                           平成27年12月1日 来園
※本園とグレビーシマウマのヨーロッパ絶滅危惧種繁殖計画(European Endangered Species Programme)種別調整者,ベークセベルゲンサファリ(オランダ)の3者の間で策定した共同保護計画書に基づき,寄付され,繁殖に取り組んでいるものです。

2 公開日について
未定
今後,赤ちゃんの成長と健康状態を見ながら決定します。

 3 国内飼育状況
令和2年6月30日現在,グレビーシマウマは国内で8園館,22頭(オス12頭,メス10頭)が飼育されています。


誕生した赤ちゃん

【参考】
グレビーシマウマ(奇蹄目ウマ科 英名:Grevy’s Zebra  学名:Equus Grevyi )
エチオピア,ケニア北部の乾燥した平原で10頭程の群れをつくり暮らしています。
野生ウマの中で最も大きく,体高:140~160cm,体重:350~420kgで,性成熟はメスが3歳,オスが4歳とされ,寿命は25~30年と推定されます。ワシントン条約では,付属書Ⅰ「絶滅のおそれのある種で取引により影響を受けるもの」に指定され,国際自然保護連盟(IUCN)のレッドリストには,絶滅危惧種(Endangered)として掲載されています。

過去ニュース

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示