ニュース

2019年11月28日 (木)
ヤブイヌの誕生について

  京都市動物園で飼育中のヤブイヌに赤ちゃんが誕生しましたので,下記のとおりお知らせします。
 しばらくは寝室の巣箱の中で生活するため,実際に御覧いただくことはできませんが,グラウンドに出てくるのを楽しみにお待ちください。今回のペアでの繁殖は平成28年に続き3回目となります。

                                                     記

1 誕生したヤブイヌについて
 (1) 頭  数  4頭(うち1頭は死産)
 (2) 性  別  不明 
 (3) 出生年月日  令和元年11月27日(水)
       1頭目 午後3時41分
       2頭目 午後3時56分
       3頭目 午後3時58分(死産)
       4頭目 午後5時48分 
 (4) 体格(推定) 全頭 体長18cm,体重200g  

 (5)  その他  父「デンマル」は平成26年12月11日にイェスパーフス・ジャングルズー(デンマーク),母「パパヤ」は平成27年3月27日にポートリム野生動物公園(イギリス)からそれぞれ来園しました。2頭は京都市動物園,イェスパーフス・ジャングルズー,ヨーロッパ絶滅危惧種繁殖計画(European Endangered Species Programme)種別調整者(ポートリム野生動物公園)の三者の間で策定した共同保護計画書に基づき,寄付されました。
          「パパヤ」にとっては平成28年9月2日以来3回目の出産となります。
2 国内飼育状況
  
平成30年12月31日現在,国内施設で19頭(オス11頭,メス8頭)が飼育されています。
  国内での繁殖は,平成28年に当園で2回7頭(うち2頭死亡)の繁殖に成功して以来になります。
3 取材について
  
しばらくは,赤ちゃんの撮影をしていただくことができません。(生後40日前後)
4 その他
  
性別の判明後,愛称投票を実施する予定です。実施時期については,決まり次第HPでお知らせします。

(参考)ヤブイヌ(食肉目 イヌ科 英名:Bush Dog 学名:Speothos venaticus
 パナマ,コロンビア,ガイアナ及びブラジル等の森林や林緑の沼地に生息している。体長は58~75cm,体重5~7kgでずんぐりした体型をしており,外見はあまりイヌらしくない。また,IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストには準絶滅危惧種(Near Threatened)「存続基盤が脆弱な種。現時点で絶滅危険度は小さいが,生息条件の変化にとっては絶滅危惧に移行する要素を有するもの」として記載されている。
  国内では,京都市動物園の他に5園(よこはま動物園ズーラシア,名古屋市東山動植物園,埼玉こども動物自然公園,鹿児島市平川動物公園,神戸どうぶつ王国)で飼育されている。

誕生したヤブイヌと母パパヤ

過去ニュース

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示