ニュース

2016年5月15日 (日)
エゾヒグマの死亡について

京都市動物園で飼育していましたエゾヒグマの「アイ」が,死亡したことを確認しましたのでお知らせします。
1 死亡年月日
 平成28年5月15日(日曜日)

2 死亡原因
 調査中

3 死亡個体について
 ⑴ 愛称  アイ
 ⑵ 性別  メス

 ⑶ 出生日 昭和59年1月10日 阿蘇熊牧場(当時)生まれ
 ⑶ 年齢  32歳
 ⑷ 来園日  昭和59年10月29日 
 ⑸ その他
   平成21年4月4日に25歳で死亡した雄のキサブローとの間に平成4年に2頭,平成6年に3頭,平成7年に3頭,計8頭の子をもうけた。

4 経過

高齢ながらも,食欲は旺盛で,元気に過ごしていました。本日の午前中も異常はなく,午後1時5分に来園者から倒れているとの通報で駆けつけたところ,グラウンドで心肺停止の状態であることを確認しました。すぐにクマ舎寝室に運び入れ蘇生を試みましたが,功を奏さず死亡を確認しました。

(参考)エゾヒグマ(食肉目クマ科 英名:Ezo Brown Bear 学名:Ursus arctos yesoensis

 ヨーロッパからアジア・シベリア・北アメリカに広く分布するヒグマの1亜種で,北海道の森林地帯に生息します。 日本最大の陸生哺乳類で,体重は150~300kgです。草木の芽や根,木の実,果実,昆虫,サケなどの魚,小動物を採ります。 冬眠は自分で掘った土穴や樹洞,天然の岩穴を利用します。 他の冬眠する哺乳類と異なり体温は4~5℃しか下がらず,冬眠中は覚醒しません。 雌は冬眠中に1~3頭の子を出産します。 森林開発や生息地の分断などで個体数の減少が心配されています。

過去ニュース

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示