動物資料室施設案内

学習・利便施設の2階に「歴史の語部たち」ともいうべき展示室が完成しました。
古くは開園間もない頃に飼育していたワ二の明治時代の剥製。

今も時代を紡いでくれているゲンキの父・マック,祖父・ジミーやカバのツグミの父など。

そして,動物園の歴史を彩ってくれた懐かしい仲間たち。

さに,京都市動物園の歴史がつまっています。
もしかしたら,あなたが訪れたときに御覧になった動物との再会を果たすことが出来るかもしれません。
御来園の際,お立ち寄りいただければ幸いです。


2015.7.11

イーストギャラリー

東エントランスの整備にあわせて,展示スペースを設置しました。
現在は「八角九重の塔」「ツシマヤマネコ」の常設展示を行っています。

標本

飼育展示している動物の観察だけでは分からないことも,標本を見れば分かることがあります。そのため,動物の進化や形態を楽しみながら学習するための教材としてとても有効です。
御興味のある方はこちらへデジタル標本

展示履歴

時期展示内容
1982年開設記念パンダ展,常設骨格展
1991年CITES展(ワシントン条約)
1993年90周年記念展
1994年ゴリラ展
1995年常設展
2001年 〃 展示一部変更骨格・剥製
2002年 〃 展示追加(トラ・アシカの全身骨格,オオカミの剥製導入)
2003年たまご巣100,ゾウの鼻レプリカ展示
2003年FLASH BACK ~歴史に華をそえた動物たち~
2005年酉展,角のある動物たち展,えさとウンチ展
2006年イヌ展
2008年京大WRC連携記念パネル展Ⅰ・Ⅱ,チンパンジーの剥製
2009年モ~ッとチュー目「ウシ・ネズミ展」
2010年トラをもっと知りタイガー展

2011年

「おとぎの国いま・むかし展」
動物写真展「こんなん撮りましたけど,ど~どすえ~?」
「百獣の楽園in京都市動物園」パネル展

2012年

「明日へつなぐ日本の自然ーよみがえれ,日本の希少淡水魚展」
ツシマヤマネコ写真展&パネル展

2013年

野生動物学のすすめ 研究発表ポスター展

野生動物学のすすめ「研究発表ポスター展」2013年

「日本の希少淡水魚パネル展」2012年

「おとぎの国いま・むかし展」2011年

「トラをもっと知りタイガー展」2010年

1990年撮影