ひかり・みず・みどりの熱帯動物館エリア紹介

平成21年11月に策定された共汗でつくる新「京都市動物園構想」に基づく施設整備事業の第4弾として
「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」がオープンしました。

基本テーマ

「ひかり」,「みず」,「みどり」をテーマにエリアをわけています。
 視覚,聴覚,嗅覚,触覚などで実感できる施設です。

展示動物

ひかりのエリア

ヒワコンゴウインコ
アカコンゴウインコ

みずのエリア

モンキヨコクビガメ
クロコブチズガメ
ニシキガメ
ニューギニアナガクビガメ

みどりのエリア

レッサースローロリス
インドオオコウモリ
ショウガラゴ
ヨツユビハリネズミ
マダラヤドクガエル
インドホシガメ
アカアシガメ
グリーンイグアナ
モエギハコガメ
ミドリニシキヘビ
ホウシャガメ
パンケーキリクガメ
ケニアスナボア
シナロアミルクヘビ
ボールニシキヘビ
ヒガシアオジタトカゲ
エロンガータリクガメ
ヒョウモントカゲモドキ
セマルハコガメ
ヒラセガメ

施設の紹介

ひかりのエリア

熱帯館の中央には自然光が差し込むように天窓を設置しました。
鳥類ゾーンでは色鮮やかなインコの仲間などを御覧いただけます。

熱帯の雰囲気を醸し出すために,ミスト装置を設置しました。
また,展示コーナーでは,熱帯のおかれている現状をビデオやパネルで解説します。

みずのエリア

水中や水辺で生活するワニやカメを御覧いただけます。

みどりのエリア

陸上で生活する爬虫類・両生類を御覧になれます。
夜行性ゾーンでは熱帯に生息する夜行性の哺乳類を展示します。
擬岩や植栽を積極的に取り入れ生息環境に近づけています

「ヘビトンネル」では,まるで部屋の中に入っているかのように,ドーム越しにヘビを間近で観察できます。