アフリカの草原エリア紹介

平成21年11月に策定された共汗でつくる新「京都市動物園構想」に基づく施設整備事業の第3弾として,
「【Watch 観察】~からだのつくりをくらべてみよう~」をテーマにオープンしました。

基本テーマ

 [ 【Watch 観察】~からだのつくりをくらべてみよう~] 
●アフリカのサバンナで暮らしている大型草食獣,鳥類等を展示する。
●環境に適応したからだのつくりや,生活様式の違いがわかるよう展示する。
●生息地の現状を伝えるとともに,生息地における保全活動と連携した活動に取り組みます。

展示動物

キリン

カバ

グレビーシマウマ

ホロホロチョウ
フラミンゴ
ホオアカトキ
ミーアキャット
フェネック

施設の紹介

キリンウォール

ガラス越しにキリンを間近で観察できます。

キリンのエサ台

キリンがエサを食べている姿を真下から御覧になれます。

混合展示グラウンド

広くなったグラウンドでは,キリンとシマウマの混合展示をしています。

木の遊歩道

「おとぎの国」から続く遊歩道の上からは,「アフリカの草原」を一望できます。

ミーアキャットのトンネル

ミーアキャットがグラウンドに顔を出します。

なかよしゾーン

カバやシマウマとのふれあいイベントを実施します。

カバのグラウンド

カバが歩きやすいよう,地面を土にしました。

ガラス面

シマウマ,フェネック,ミーアキャット舎の一部がガラス面になっており,動物達の姿を間近で御覧になれます。