エンジョイ!!ZOO

飼育員ブログ

2020年11月20日 (金)
生物季節観測って?

 皆さんは「生物季節観測」ってご存じでしょうか?
 先日,気象庁がこの「生物季節観測」の種目を約9割削減すると発表されたことで知ったという方もいるのではないでしょうか?
 「生物季節観測」は,1953年に気象庁が始めた観測方法で,植物季節観測と動物季節観測に分けられ,植物では発芽,開花,満開,紅(黄)葉,落葉を,動物では初見,初鳴という生理季節現象を指標としています。
 しかし,環境変化に伴い季節の進み具合を判断するのにそぐわなくなったとの判断から,来年1月から現在,動物23種,植物34種で実施しているこの観測を,植物6種のみにするということです。ちなみに動物園でも,生物季節観測的なことを行っており,春はツバメの初見,夏はアブラゼミ・クマゼミの初鳴き,秋から冬はジョウビタキ・ツグミ・オオバン・キンクロハジロ・ヒドリガモ等の冬鳥の初見などの記録をしています。


 皆様にとって季節を知らせてくれるものは何ですか?
 副園長 和田

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示