エンジョイ!!ZOO

飼育員ブログ

2019年12月31日 (火)
獣医室だより041 アジアゾウの皮下膿瘍

10月末に,アジアゾウのカムパートの左こめかみが大きく膨らみました。
傷は見つからなかったのですが,熱を持っており,痛みがあるようでした。

そして,11月初旬に,耳の内側から膿が出てきました。

 

外から膨らみを圧迫したところ,白くどろりとした液体が大量に出てきました。
内部で細菌に感染し,膿が溜まっていたようです。

皮下に膿が溜まっている場合には,膿を取り除いて内部の洗浄を繰り返します。
排膿した日は洗浄をさせてくれたのですが,痛みのためか,以降は嫌がるようになってしまいました。
このため,可能な限りの消毒をしつつ,抗生剤投与で治癒を目指すことにします。

こちらは1箇月後の写真。
ふくらみはなくなり,排膿していた孔も完全にふさがりました。

ゾウの皮膚は血管が乏しく,皮膚の再生が遅いといわれています。
排膿孔が分厚い皮膚側にできると,治癒に時間がかかる可能性がありました。
今回は,排膿孔が耳の内側の柔らかい部分に開いてくれて幸運でした。

2019年の獣医室だよりは,この投稿が最後となります。
来年も,動物園でお待ちしております。
皆様,よいお年を。

土佐

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示