エンジョイ!!ZOO

飼育員ブログ

2019年7月29日 (月)
獣医室だより019 フサオマキザルと獣医

先日,家族と一緒に休日に動物園に来てサル舎の前を通った時のこと。
両親が,フサオマキザルが私に対して反応していると教えてくれました。
試しに近づくと,鳴き声を上げてこちらを見つめ,歯をむき出しにしてきます。

確かに他の来園者の方に対してはそのような反応は見せていません。
もしかしたら動物園の職員の顔を覚えていて反応するのかもしれない。
というわけで,検証実験。

先に別の職員にフサオマキザル舎で撮影をしてもらい,続いて私が近づきます。
動物園職員を認識して警戒するなら二人ともに反応するでしょうし,私を警戒しているなら私に対してのみ反応するはず。

 
→右側から私が近づいています。
 
→もっと近づいています。

→さらに近づきました。

どうやら,全個体から認識されているよう。
不思議なのは,治療したことのない個体からも警戒されているということ。
治療は他の個体から見えないところで行っているので,私が注射を打つ人間だとは知られていないはずなのですが…

今度,他の獣医に対してどのような反応をしているか,訊いてみたいと思います。

土佐

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示