エンジョイ!!ZOO

飼育員ブログ

2020年7月2日 (木)
ウサギの豆知識その5

今回は、ウサギが敵からいち早く逃げるための体の仕組みを覗いてみましょう♪

ウサギと言えば、長い耳。

私たちヒトは、自分の耳を動かすことはできませんが(稀に動かせる人もいるとか!?)、ウサギは動耳筋という筋肉によって、耳だけを自由に動かし、色んな方向からの音を集めることができます。
集音機能は敵の存在を知ることに役立っています。
また、耳にはあまり毛が生えておらず、毛細血管が多く通っていて、放熱によって体温を調節する機能もあります。


眼は顔の両脇にあるため、視野がとても広く、背後からの敵にも気付きやすくなっています。
この仕組みは、ヤギなどの他の草食動物にも共通していますね!

そして、筋肉が発達した大きな後肢も速く走るための工夫が詰まっています。
ゆっくりと移動する時や休息時にはかかとを地面につけた姿勢になりますが、走る時には、かかとを地面から上げて指を使って走ります。
少し難しいですが、かかとをつける肢の使い方を蹠行性、かかとを上げる肢の使い方を指行性と言うそうです。
ヒトは常に蹠行性、イヌは常に指行性ですね。
ウサギは左右両方の後肢で地面を強く蹴って跳躍することで、ヒトよりも速く走ることができます!

足裏は毛で覆われていて、走る時にはクッションの役割を果たしているようです。

外見からは分かりませんが、ウサギは骨の密度が低く、体重が軽量化されていることも速く走るための体の特徴です。
骨折しやすいので、保定が必要な時でも、ウサギが動こうとするのに無理に押さえつけることのないように注意しています。

どうでしたか?
「かわいい」イメージだったウサギが何だかカッコ良く見えてきますね(≧∀≦)


おとぎの国  髙橋 葵

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示