エンジョイ!!ZOO

飼育員ブログ

2020年5月8日 (金)
マッチ君

 フェネックのおじいさん,マッチ(11歳),連れ合いだったミッチーが2019年11月に急死したため,現在は一頭でアフリカの草原の一角でのんびりと暮らしています。本来は小さな群れを作る動物なので,単独で暮らすのは気の毒な気もしますが,本人はいたってマイペースなようです。野生下での寿命は10年程度,飼育下でも最高で12年程度と言われていますので,かなり高齢です。先日健康診断を行いましたが,肝機能がやや悪いようです。また特徴でもある大きな耳、その耳から耳だれが出ていましたので、ここ数日耳の洗浄を行っていました。今はきれいに治っています。生息地は乾燥した気候なので、日本の湿潤な気候は耳にはよくないのかもしれませんね。ヒトも動物も年を取ると色々と悪いところが出てきます。マッチ君も私(51歳)も気を付けないといけませんね。


          左が治療していた耳です

フェネック担当 松ぞう

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示