エンジョイ!!ZOO

飼育員ブログ

2020年5月7日 (木)
久々のキリン担当

 当園,種の保存展示課では先月16日に担当動物替えがありました。私もネコ科猛獣と飼料担当からアフリカの草原の担当に替わりました。グレビーシマウマも担当するのですが,主にアミメキリンを担当することになりました。以前にもキリンを担当したことがありますが,約20年前の事なので、その頃とは個体,動物舎,管理方法等々、色々と変わっています。中でも私が特に変わったなと思うのは、飼料の変化です。以前担当していた頃は、牧草や乾草と草食動物用ペレットを与えていました。キリンは本来、木の葉や樹皮などを食べる動物です。同じ反芻動物でも主に草を食べるウシとは違うのです。その頃も「キリンは草食じゃなくて、葉食だよなぁ」と思ってはいたのですが,飼料の改善はせずに担当を離れていました。時は流れ飼養管理は大きく改善され、現在は木の葉や枝、葉食動物用のペレットを与えています。タンパク質やミネラルを多く含む乾草(ルーサン:マメ科牧草)やヘイキューブは現在も与えていますが,各個体とも体調は良好です。

    シラカシやネズミモチなどの葉


             葉食動物用ペレット


              ルーサン乾草


               ヘイキューブ

 さて,飼料の改善は大変いいのですが,飼養管理が進歩しても個体の持つ個性はいかんともし難く,夕方の室内収容時にメイ(メス6歳)がなかなか入ってきてくれなくて,ちょっと困っています。いつもイブキ(オス3歳)が先に入ってくるので,イブキとの相性が今一つで神経質なメイは入口辺りで入るのをためらう事が多いのです。ミライ(メス19歳)はさすが年の功とでも言いますか,イブキが先に入っても気にせずに入ってきます。以前担当していた時に飼育していたキブネ(メス1998年11月死亡)も神経質なキリンでしたが,晩年はおおらかな性格になりました。メイも順調にいけば来年の2月にはお母さんになります。初産なのでますます神経質になってしまうのではないかと心配しています。案ずるより産むが易し、となってもらいたいものです。


     部屋に入り渋るメイ

現在は新型コロナウイルス感染防止のため休園中ですが,事態が終息し開園しましたら,ぜひアフリカの草原にキリンやシマウマたちを見にお越しください。

アフリカの草原担当 松ぞう

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示