研究生き物・学び・研究センター

research

霊長類の知性に関する比較認知科学的研究

日本には霊長類研究の長い歴史があります。これは,人間がなぜ今のような知性をもち,今のような社会を築いてきたのかを探る,いわば「人間とは何か」という霊長類学の問いに多くの人々が関心をもち,研究を支持してきたことの表れと考えられるでしょう。とくにチンパンジー研究に関しては,京都大学霊長類研究所の「アイ・プロジェクト」と呼ばれる長期継続研究が今も続けられています。その一方で,その他の類人猿については,野生での調査研究は多いものの,実験室でコンピュータ制御による認知研究の例はほとんどありません。ゴリラ,オランウータンについは,動物園に飼育されている個体が国内にいるすべての個体であり,認知研究の対象とすることが困難でした。この研究は,国内で唯一のコンピュータ制御によるゴリラの認知研究が可能な京都市動物園において,同動物園飼育の霊長類3種(チンパンジー,シロテテナガザル,マンドリル)も含めた比較認知科学研究を発展させることを目的としています。これら4種の飼育下霊長類を対象として,京都市動物園ではアラビア数字の系列課題と,同課題を応用した記憶や推論に関する認知課題を行ってきました。これからも研究を進め,動物園で実施する認知研究として,動物福祉への観点も加え,来園者や市民に対する動物福祉の考え方の教育啓発にも役立てたいと思います

研究対象としている動物種

DSC_0455 DSC_0954 DSC_6300
チンパンジー,ゴリラ,シロテテナガザル,マンドリル

サルたちのお勉強スケジュールはこちら

動物福祉向上と環境保全に向けた研究

動物,特に野生動物を飼育するということには,大きな責任が伴っていると考えています。動物園にいる動物はほとんどが家畜化されていない動物で,野生ではそれぞれの種ごとに異なる環境に適応して暮らしています。動物たちはその環境に適応するためにそれぞれの動物が進化してきた過程で形態や行動,認知能力,それに伴う欲求を獲得してきました。そのため,それぞれ異なるニーズをもった動物たちに無理を強いずに人工的な環境で飼育をするのは本当に難しいことです。多くの野生動物種が絶滅の危機に瀕する中で,わたしたちが動物をあえて人工的な環境で飼育することの意義をきちんと考えなければなりません。またこうした背景の中,動物を飼育するうえでは,そうした歪みをなるべく減らし,動物たちが生き生きと快適に暮らせるように,動物福祉に配慮することはわたしたち動物園の義務です。

飼育動物を対象とした動物福祉科学

動物福祉に配慮し,動物が生き生きと暮らせるような環境を提供することは,動物園の活動すべての基盤となります。ただ難しいのは,動物福祉を考えるためには動物自身の視点を考える必要がある点です。どんなに長い間一緒に生活しても,異なる種を理解することには限界があります。そこで,科学的な手法をもとに動物のことを理解しながら,動物福祉を考えることが重要になります。わたしたちは動物福祉向上のために必要な基礎的・応用的な研究に取り組んでいます。現在,動物園やサンクチュアリなどの飼育環境で暮らす動物を対象に,動物の行動習得や環境エンリッチメント,社会行動,障害をもった動物のリハビリなどに関する行動学的研究や,動物のストレスに関する生理学的な研究などに取り組んでいます。現在ではチンパンジー,ゴリラ,アカゲザル,スローロリスなどの霊長類,トラやバク,ゾウなどを対象としています。こうした研究を通して,動物に関する理解を深めるとともに,わたしたち人と動物の関係について深く考えていきたいと思っています。

飼育動物を対象とした分子生物学的研究

動物の飼育管理や域外保全に貢献することを目標とした研究も行っています。分子生物学的な手法を用いて,飼育動物の遺伝的多様性や腸内細菌叢,表現型との関連を調べる研究を行っています。例えば、動物園で飼育されている動物の遺伝的多様性を保つことは,持続可能で健全な飼育個体群を保つために不可欠です。また,各遺伝子と行動などの表現型の関係を理解することは,動物に適した飼育管理方法を考えることに役立つと考えられます。現在,飼育下のグレビーシマウマを対象とした遺伝的多様性や,ツシマヤマネコの腸内細菌叢に関する研究,さらにシマウマやマーモセットなどの性格に関連する遺伝子と表現型の関連を調べる行動遺伝学的研究などをおこなっています。

来園者の意識や行動に関する調査

動物園における教育活動の可能性を探るための来園者の意識・行動などに関する研究などに取り組み始めています。

研究対象としている動物種

DSC_5467DSC_740301mindy20170901DSC_7271DSC_8153DSC_9513DSC_6067
チンパンジー,ゴリラ,グレビーシマウマ,アジアゾウ,スローロリス,アカゲザル,ブラジルバクなど

連携研究

生き物・学び・研究センターでは,さまざまな大学と連携して研究を行っています。

京都大学,岐阜大学,東海大学,北里大学,大阪大学 など

また,生き物・学び・研究センターでは,大学等からの研究依頼を受け付けています。
研究計画をお送りいただけば,研究倫理面,科学的妥当性を審査の上,採択・不採択のご連絡をいたします。

詳しくは「調査研究を希望される方へ 」をご覧ください。

研究報告書

2020年度2019年度2018年度2017年度

研究成果

2020年度2019年度2018年度