生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センターブログ

2021年5月1日 (土)
テナガザルのお勉強について

前回,お知らせした「テナガザルのお勉強」のつづきです。

シロマティーが勉強のモニターの前に来てくれました。
(前回より,画質はいいはず!)


フォトジェニックなクロマティーが正面に来てくれたのでついでに撮影。

さて,ここで「テナガザルのお勉強」について,あらためて説明します。
「お勉強」は,2008年4月から始めました。
テナガザル2個体のうち,シロマティーだけが参加してくれています。
この間,一緒に暮らしているクロマティ-は,モニターの前に来てくれることはあるものの,タッチモニターには触ってくれません。12年間も!(涙)
シロマティーが問題を解いている様子は見ているようなのですが,彼女にとってはタッチモニターは黒い壁でしかないようです。。。

お勉強の参加者は,ごほうびとしてリンゴ片(5ミリから1センチ程度に角切りにしたもの)をもらうことができます。
その方法は,2つ。
ひとつ目,モニターに出される数字を順番にさわっていく問題に正解すること。正解すると,すぐに参加者に与えられます。
もともとは,ごほうびがもらえるのはこのときだけだったのですが,やっていくうちにもう一つのやり方が加わりました。

ふたつ目,「ふーっ」という発声を5回繰り返すこと。
この発声はシロマティーの「口ぐせ」のようなもので,ごほうびがほしい(でも問題に正解しない)ときによく鳴いていました。
はじめは厳しくしていたのですが,ごほうびをあげないと,いつまでも鳴き続けていたので,こちらが根負け。ただし,5回続けて鳴いたときに,ひとつリンゴ片をあげることにしました。

「え!? そんなことしたら,問題をせずにずっと鳴いているんじゃ?」
と思われる方もいると思いますが,シロマティーはこれで勉強を続けてきたのです。

理由としては,
勉強を始めたての頃,数字はまだ1つ(1だけ)か2つ(1,2)だったので,問題を解いた方が早くもらえたことが考えらます。
とりあえず問題にチャレンジして,間違えたら,5回鳴いて,ごほうびをもらう。
賢いシロマティーは,こういう戦略を立てたようです。

そうやって,シロマティーは,1,2の順番を覚えて,1,2,3の順番を覚えて,,,,とゆっくりですが数字を覚えていきました。そして今は9までの数字の勉強をしているのです。


ですが,9まで数字が増えた後,成績はいっこうに上がらなくなりました。
なんと2013年6月から,1から9までの問題を続けています!
そのうち,徐々に参加してくれる頻度が少なくなっていったことと(やる気がなくなってきた?),シロマティー自身が歳をとってきたこと(シロマティーは今年4月で38歳になりました!),その両方の影響だと思われます。
それでも,まったくしなくなることはなく,細々と続けてきました。
最近は,いつまでやる気が持続するのか,認知機能が低下して成績が下がってくる段階をとらえられるか,といったところに興味が変わってきましたが,まだまだシロマティーとは付き合っていきたいと思います。

すぐやる気がなくなって,席を立つシロマティー


田中正之

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示