生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センターブログ

2020年7月6日 (月)
京都の森の田んぼ(雑草の種類)

京都市動物園の京都の森にある田んぼのことをたびたびお知らせしています。
「京都の森で田植えをしました。」(2020年6月2日生き物・学び・研究センターブログ)
「京都の森の田んぼ(続報)」(2020年6月24日生き物・学び・研究センターブログ)
「京都の森の田んぼ(雑草との終わりなきたたかい)」(2020年7月1日生き物・学び・研究センターブログ)

7月6日(月)。今日は休園日。
草ひきに精を出さねばと思ったら,あいにくの全国的な雨。。。


せっかく先週から,京都精華大の活動が始まったのに,,,
せっかく今週から,別の学生グループが手伝いに来てくれることになっていたのに,,,
天気ばかりはままなりません。

さて,私たちが悩まされている田んぼの水草(雑草)

なんていう草だろうと思って調べてみたら,コナギという雑草でした。。

稲の生育にかなり悪い影響をあたえる「強害草」だそう。
ものすごく生長が早いので,土中の栄養を稲の分まで奪ってしまうようです。
通常は,代掻きのときに除草剤を入れて駆除するのだそうですが,京都の森は完全無農薬。
その代償として,この草とのたたかいが続くことになります。。。

もう一種類,ウキクサも田んぼに広がっています。

こちらは,水面にフタをして,雑草の生育を阻害させるよい効果があるとか。

でも化学薬品が一切使われていない分,京都の森は多様な生きものが暮らす空間になりました。
少し見回すだけで,ショウリョウバッタや,


トンボも各種。




これらだけでなく,京都の森では多様なトンボが見られます。
「動物園のトンボたち」(2020年7月2日生き物・学び・研究センターブログ)

京都市では「京(みやこ)の生きもの生息調査」への協力をお願いしています。

「京(みやこ)の生きもの生息調査~京都市動物園編~」(2020年7月2日 (木)生き物・学び・研究センターブログ)
よかったら,ご協力ください。(動物園だけでなく,皆さんの周りで調査していただいてもけっこうです)

雑草とのたたかいはこの夏ずっとつづきそうですが,抜いた後の雑草を処理してくれるのが,ダンゴムシなどの林床の生きもの。

ダンゴムシは抜いた雑草や枯草などを食べて,糞をします。ダンゴムシの糞はバクテリア(微生物)がさらに分解して,土に還り,それらは植物の栄養になるのです。

そうした,いのちのつながりを動物園で感じてくれたらうれしいです。


田中正之

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示