生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センターブログ

2020年5月31日 (日)
困った男,ジェームス

チンパンジーのジェームスは,ニイニとロジャー,二人の子どものお父さんです。


数字の勉強もしています。今は1から11までの順番を勉強中。


穏やかなときはこんな顔をしています。

ところが,勉強にあきてくると,もう一人の大人の男性,タカシを誘ってレスリングのような遊びを始めます。

(前回のブログから拝借)

わりと短時間で終わって,また勉強に戻ってくる日もあるのですが,この日は「スイッチが入った」ようになって,興奮が収まりませんでした。そして,その興奮は高まるばかり。

広い部屋で,立ち上がり,「フーホー,フーホー」と声を上げ続けます。
柱を叩いたり,足を踏み鳴らしたり,自分を誇示する行動を続けます。


こんなとき,周りのチンパンジーたちは,「いつものこと」と比較的冷静に,少し離れて眺めています。

ひとりで騒ぎ続けるジェームス。
「やれやれ」といった風情ほニイニ。コイコ,ローラ(ロジャーを大事に抱いている),タカシも離れて,ジェームスの興奮が収まるのを待ちます。

人間だったら,何分も続かないひとり騒ぎを,10分以上も続けられるのがチンパンジー。


そのうち,ジェームスの興奮がまわりに伝染するのか,あまりにしつこくつづけるジェームスに腹を立てたのか,他の大人たちも騒ぎだし,群全体が大騒ぎになっていきます。。。
(これも,特別なことではなく,よくあることなんです)

騒ぎの中,あいさつにきたローラのお尻をチェックするジェームス


そして,ようやく騒ぎがおさまった。


気がついたらポツンとひとりのジェームス。


いちばん力が強く,暴れだしたら手が付けられないので,他のチンパンジーたちが機嫌をとるようにあいさつに来ます。
その様子を見ると,ジェームスが群れのリーダーのように見えますが,実態は,「ちょっとやっかい者」という扱いです。

しかし,だからと言って常に仲間外れにしたり,はれものに触るような扱いをするわけではないのがチンパンジー。
少し時間が空くと,さっきの大騒ぎなど,何もなかったかのように,穏やかに一緒に過ごしていたり,一緒に遊んだりしています。
部屋で大暴れをしているジェームスを見た人は驚くかもしれませんが,それもチンパンジーらしさだし,別の場面でおだやかに仲良く暮らしているのも,どちらもチンパンジーらしい姿です。いろんな姿を見て,チンパンジーたちのことを知っていただければさいわいです。


田中正之

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示