生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センターブログ

2019年04月30日 (火)
何事もない風景

日本中で「平成最後の・・・」というタイトルの書き込みがあると思われる日,
京都市動物園のチンパンジーたちは,いつも通りの勉強時間を過ごしました。

9時に勉強が始まってすぐの勉強部屋。

右のモニターに向かっているのがニイニ,真ん中がジェームス,左のモニターに向かっているのがコイコです。

左端の画面に写っている影のようなものは,,,

順番待ちをしているタカシでした。

20分後

1枚目と違いがわかりますか?
真ん中の個体が,タカシに代わりました。ジェームスが勉強に飽きて席を立ったので,順番待ちをしていたタカシが入ったのです。

隣の部屋に行っていたジェームスが戻ってきました(中央,右側の個体)。

おなかに息子のロジャーを抱いています。
お母さんのローラ(中央左の個体)は,ロジャーを返してもらおうと追いかけてきました。

ぐるりと部屋をひと回りして,二人とも退場。

勉強時間の後半,9時45分ごろの様子。

また,まちがい探しのような写真ですが,中央のモニターに向かっているのがコイコ,左のモニターに向かっているのがローラに代わりました。一番左端で切れているのは,ローラについて回っているジェームスです。
右のモニターに向かうニイニは,今日の成績がよいこともあって,中座することなく勉強を続けています。

さて,ローラが向かっている画面を反対側から見てみると,

ロジャーが画面に手を伸ばしていました。


まだ数字の見分けができるわけではないので,お母さんの問題に手を出して,間違ってくれています。
そんなとき,チンパンジーのお母さんは,手を止めて子どものしたいようにさせてあげます。


かわいいロジャー君と,お母さんと,お父さん。(左から順に)

こちらでは,ちょっと席を空けた隙に,タカシに席を取られて,すねるニイニ。

「フィンパー(Whimper)」という子どもの鳴き声を発してタカシにプレッシャーを与え,
それに耐えられなくなったタカシは,この後席を立って隣の部屋に移りました。

こんな風に,「平成最後の」チンパンジーのお勉強時間は終わりました。
もっとも,彼らにとっては,年号が変わることなど知らぬことで,今日はいつもの一日でしかありません。
人間たちが騒いでるのを知らぬ顔で,今日も暗くなったら眠りにつき,また明日いつもと同じ朝を迎えることと思います。
これからも彼らが幸せな日常を送れますように(祈)。


田中正之

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示