イベント

2021年1月19日-2021年2月14日
(公財)山階鳥類研究所との連携記念企画展の開催について

この度,京都市動物園と(公財)山階(やましな)鳥類研究所との連携記念企画展(講演会とポスター展)を開催しますので,以下のとおり,お知らせします。

「講演会」では,同研究所研究員の齋藤 武馬(さいとう たけま)氏から,小笠原諸島固有種となったオガサワラカワラヒワについてお話しをしていただきます。
また,同研究所を紹介する「ポスター展」も併せて開催します。

※イベントについては,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を十分に講じたうえで実施いたします。なお,今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては,日程等を変更する場合がございます。その際は,速やかにお知らせします。

1 記念講演会
(1)日時 令和3年2月13日(土曜日) 午後2時~午後3時

(2)会場 京都市動物園 レクチャールーム
※広域の移動を避けるために,講演者である齋藤氏には,オンラインミーティングシステムのZoomを通して講演をしていただきます。

(3)内容 
テーマ 「絶滅寸前?! オガサワラカワラヒワの生態と保全」
講演者 齋藤 武馬 氏 (公財)山階鳥類研究所自然誌研究室研究員
【講演者コメント】
オガサワラカワラヒワはカワラヒワの亜種であり,小笠原諸島固有の亜種と考えられてきましたが, DNAや形態の違いから別種(固有種)であるという研究結果が2020年に発表されました。また,近年個体数が減少し,絶滅の危険性が高まっています。
オガサワラカワラヒワはどんな鳥なのか,遺伝的,形態的特徴から解説するとともに,減少している個体数の現状やその原因についても保全の立場から紹介します。

(4)参加費 無料(動物園入園料は必要です。)

(5)定員 50名(申込先着順)

(6)申込方法
ア 応募方法 メール ikimonomanabi@city.kyoto.lg.jp又は FAX 075-752-1974
イ 必要事項 件名「山階鳥研講演会 参加希望」本文に,参加者の氏名(複数名の場合は全員の氏名),電話番号。
ウ 募集期間 令和3年1月9日(土曜日)~2月12日(金曜日)

(7)主催 京都市

(8)共催 (公財)山階鳥類研究所

2 山階鳥類研究所を紹介するポスター展
(1)期間 令和3年1月19日(火曜日)~令和3年2月14日(日曜日)

(2)会場 京都市動物園 イーストギャラリー

(3)内容 (公財)山階鳥類研究所の歴史や最近の研究成果についてのポスター形式での発表,研究対象の鳥類の写真を展示

3 お問合せ 
京都市動物園 総務課(電話:075‐771‐0210)
※午前9時から午後5時まで。ただし動物園休園日を除く。

【参考】本市と(公財)山階鳥類研究所との連携について
「野生動物保全に関する研究及び教育普及の連携に関する協定」を平成30年11月12日に締結。野生動物保全のための「種の保存」と「調査・研究」,「環境教育」を実践する場としての機能充実を目指す「京都市動物園」と,動物特に鳥類に関する総合的研究を行い,我が国の文化や科学の発展,生物多様性の維持,地球環境の保全に取り組む「(公財)山階鳥類研究所」とが連携し,野生動物の理解,保全,共生に向けた取組を連携して行うことを目的とするもの。
平成30年度以来,毎年1月に連携記念企画展を実施しており,昨年度は,令和2年1月24日に連携記念シンポジウムとポスター展を実施している。


オガサワラカワラヒワ(オス成鳥)

2021年2月2日-2021年3月7日
「6代目アニマル園長選挙」の実施について

この度京都市動物園では,来年度の動物園の顔となる動物を決定する,「6代目アニマル園長選挙」を以下のとおり実施しますのでお知らせします。
皆様の清き1票をお待ちしています。

1 投票期間  
令和3年2月2日(火曜日)~3月7日(日曜日)

2 投票場所  
京都市動物園内 
正面エントランス レクチャールーム前

3 出馬する動物
今回の選挙は,来年の干支,丑年にちなんだ動物が出馬します。ウシは偶数の蹄をもつ動物である「偶蹄目」に分類されていますので,京都市動物園で飼育している偶蹄目の中から6種7個体(ホンシュウジカのチョイとマチは合同で出馬)を選出しました。年齢は投票期間中の年齢です。
ヤギの颯和(サワ)(メス,1才)
ヒツジのチョコ (メス,10才)
キリンのメイ(メス,7才)
カバのツグミ(メス,33才)
ゴーラルのホンホン (メス,16才)
ホンシュウジカのチョイ(メス,年齢不詳,来園して5年)
          マチ(メス,年齢不詳,来園して5年)

4 内容
飼育員が作成した選挙ポスターを投票場所に掲示し,来園者の皆様に投票していただきます。投票数の一番多かった個体が来年度のアニマル園長になります。

5 結果発表
(1)発表日 令和3年3月27日(土曜日)
(2)方法 正面エントランス レクチャールーム前に掲示,動物園ホームページに掲載(http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

6 参加費  
無料(動物園入園料は必要です。)


ヤギの颯和(サワ)


ヒツジのチョコ


キリンのメイ


カバのツグミ


ゴーラルのホンホン


シカのマチ(左)とチョイ(右)
 

2020年12月1日-2021年3月31日
ゴリラのお庭を森にしよう!プロジェクト

ゴリラたちが毎日使っている「ゴリラのおうち」のグラウンド。野生のゴリラが住んでいる森に少しでも近づけるために,以前からイベントで皆さんに木を植えていただいたり,担当者が園内の他の場所から木を植え替えたりしてきました。しかし,ゴリラたちが折ったり抜いたりしてしまうこともあり,なかなか緑が増えないのが現状です。少しでも緑を増やすため,継続してたくさんの樹木を植え続けることが必要です。

そこで,グラウンドに植える樹木を募集したいと思います。樹木を持参いただいた方には,記念品をプレゼントします。持参いただいた樹木は,担当者がゴリラのおうちのグラウンドに植樹します。なお,今年度はこれまで毎年行っていた「ゴリラのお庭に木を植えよう」のイベントは,新型コロナウイルス感染症の感染予防のため行いません。

グラウンドに木がたくさん育つことで,ゴリラたちが隠れる場所が増えたり,木で遊ぶ機会が増えたりと,ゴリラたちがより快適な環境で過ごせるようになります。お家のお庭にある不要な樹木などがありましたら,是非このプロジェクトに御協力よろしくお願いします!


受付期間
令和2年12月1日(火)~令和3年3月31日(水)

参加方法
・事前にメール(kyotoshi-doubutsuen@city.kyoto.lg.jp)で,「代表者の氏名,電話番号,樹木の種類及び本数,樹木を持ってきて頂ける日時」を御連絡ください。受け取りの詳細を調整させて頂きます。
・ゴリラのおうちに樹木を持ってきて頂き,記念品をお渡しします。(記念品は1組につき1つとさせて頂きます。)
・樹木の受け取りは,開園時間中とさせて頂きます。
・1回に受け取り可能な樹木の本数は,5本までです。

樹木について
大きさについては,高さ1メートル以上で,御自身で持運びができるもの。種類については,なるべく耐寒・耐暑性のあるものでお願いします。
⑴ 植樹に適している種類
 ア ゴリラ舎に植えられている代表的なもの
   ニッケイ,ゲッケイジュ,モチノキ,アオキ,マサキ,モクセイ,ウバメガシ,ツゲ,
   ネズミモチ,トウネズミモチ,柑橘類,シュロ,ニオイシュロラン,キミガヨラン,モミ,ヒノキ,スギ,マメ科植物,
         ベリー類,アンズ,グミ等
 イ 植樹に適しているがゴリラが食べてしまう可能性が高いもの
   ビワ,クワ,ヤナギ類,アラカシ・シラカシ・クヌギ・コナラなどドングリの成る木

⑵ 植樹に不適な種類
 ア 葉や実等が有毒なもの
   レンゲツツジ,ナンテン,ザクロ,シャクナゲ,イチョウ,クルミ,ウルシ等
 イ 害虫が発生しやすいもの
   ツバキ,サザンカ,チャ等

その他
・植樹した木をニシゴリラが抜いたり,枝を折ったりすることで,樹木が枯れてしまう場合がありますが,御了承ください。
・木が無事に成長することを最優先とするため,観客通路から御覧いただける位置に植樹できない場合があります。


昨年植樹した木で遊ぶキンタロウ

 

イベント一覧

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示