イベント

19.09.08
動物園・植物園連携シンポジウムを開催しました

「いのちをつなぎ,いのちが輝く
動物園・植物園になるために」

 この度,京都市動物園と京都府立植物園の連携シンポジウム「いのちをつなぎ,いのちが輝く動物園・植物園になるために」を下記のとおり開催しました。
 動物園及び植物園と連携協定を結ぶ京都大学の総長であり,ゴリラ研究の第一人者として世界的に著名な山極壽一(やまぎわ じゅいち)氏の基調講演の後,動物園と植物園が取り組む生物多様性保全の取り組みについて話題提供をおこない,生態学者で京都大学霊長類研究所教授・所長の湯本貴和(ゆもと たかかず)氏をコーディネーターとして,「生物多様性保全について動物園と植物園は何ができるか」をテーマにしたパネルディスカッションを行いました。

シンポジウムのチラシです。

各画像をクリックすると拡大して見られます。

当日配布資料(PDF 500kb)をダウンロードできます。

冒頭,片山博昭 動物園長から開会のご挨拶。


山極壽一 京都大学総長による基調講演

多くの方にご参加いただきました。333人の参加者を得ました。

動物園の取り組みは,長尾係長から話題提供。

植物園の取り組みは,平塚課長補佐から。

基調講演と話題提供の後,パネルティスカッション。

コーディネータは,湯本先生。
パネリストとして,山極総長,京都大学の瀬戸口先生,嵯峨美術大学の池田先生,植物園の西原副園長,動物園の坂本副園長が登壇されました。

これから,動物園・植物園が取り組むべき課題と,そこに専門家や外部の人々がどのように参画していくのか,真剣なディスカッションが行われました。

最後に,戸部博 植物園長から閉会のご挨拶があり,あっというまの2時間半のシンポジウムが終了しました。

19.09.08
動物園・植物園連携シンポジウムの開催について

定員に達しましたので,受付は終了いたしました。

「いのちをつなぎ,いのちが輝く
動物園・植物園になるために」

 この度,京都市動物園と京都府立植物園の連携シンポジウム「いのちをつなぎ,いのちが輝く動物園・植物園になるために」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。
 動物園及び植物園と連携協定を結ぶ京都大学の総長であり,ゴリラ研究の第一人者として世界的に著名な山極壽一(やまぎわ じゅいち)氏をお招きして基調講演を行います。また,生態学者の京都大学霊長類研究所教授・所長の湯本貴和(ゆもと たかかず)氏をコーディネーターとして,「生物多様性保全について動物園と植物園は何ができるか」をテーマにしたパネルディスカッションを行います。

チラシができました。各画像をクリックすると拡大して見られます。

1 日 時 令和元年9月8日(日)午前10時~午後0時30分
2 会 場 京都府立京都学・歴彩館 大ホール
  (京都市左京区下鴨半木町1-29)
3 内 容
  (1) 【基調講演】
  「ゴリラからの提言―動物の世界をもっと楽しむために」
  講演者:山極 壽一(京都大学総長)

  (2) 【取組紹介】
  「京都市動物園における域外保全の取組」(京都市動物園)
  「希少植物保全に向けた取組事例から」(京都府立植物園)

  (3) 【パネルディスカッション】
  「生物多様性保全について動物園と植物園は何ができるか」
  コーディネーター:湯本 貴和(京都大学霊長類研究所教授・所長)
  パネリスト:池田 泰子(嵯峨美術大学教授)
  坂本 英房(京都市動物園副園長)
  瀬戸口 浩彰(京都大学大学院地球環境学堂/
                京都大学大学院人間・環境学研究科教授(両任))
  西原 昭二郎(京都府立植物園副園長)
  山極 壽一(京都大学総長)

4 参加費 無料
5 定 員 450名(先着順)
6 申込方法 
  (1) 受付方法 京都いつでもコール
         電 話:075-661-3755 /  FAX:075-661-5855
  又はホームページ:「京都いつでもコール」の送信フォームをご利用ください。
  https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html
  年中無休,電話及びFAXは午前8時~午後9時まで受付。
※かけ間違いにご注意ください。
 (2) 必要事項 氏名,電話番号(複数名の場合は同伴者の人数)
 (3) 募集期間 令和元年7月25日(木)~9月1日(日)
  定員になり次第募集終了。

定員に達しましたので,受付は終了いたしました。

7 主 催 京都市動物園,京都府立植物園
8 後 援 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院
9 問合せ先 京都市動物園 総務課
      電話:075‐771‐0210
      FAX:075-752-1974
      ただし,休園日を除く。
※本事業は宿泊税を活用しています。


<山極 壽一氏>
1952年東京生まれ。京都大学理学博士。京都大学霊長類研究所助手,同大学院理学研究科助教授,教授を経て,現在京都大学総長。日本の人類学者,霊長類学者にして,ゴリラ研究の第一人者。著書に,「ゴリラからの警告―人間社会,ここがおかしい」(毎日新聞出版),「ゴリラと学ぶ―家族の起源と人類の未来」(ミネルヴァ書房,鎌田浩毅との共著),「日本の人類学」(ちくま新書,尾本恵市との共著)など多数。
 
<湯本 貴和氏>
1959年徳島県生まれ。京都大学理学博士。専門分野は生態学。京都大学生態学研究センター助教授,総合地球環境学研究所教授を経て,京都大学霊長類研究所教授。現在は同研究所所長を務め,大型類人猿を含む霊長類群集と植生構造の比較研究を行っている。著書に,『屋久島-巨木と水の森の生態学』(講談社ブルーバックス),『熱帯雨林』(岩波新書)など。

イベント一覧

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示