企業情報詳細

漆器のアソベ

シッキノアソベ

最終更新日2018/02/22

京漆器とともに

  • 京都は古来より優れた品々を求めてやまない公家や武家をはじめ、茶道華道家元などの粋人が集う都市でした。「漆器のアソベ」は、そのメインストリート・四条通に店を構え、厳しい目利きの人々と祇園祭のお囃子に育まれてまいりました。選びぬかれた確かな手技はおもてなしの現場でも高い評価を頂戴しております。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 5
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 5
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 5
    合計 37

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

八代目 代表取締役 遊部 尋志

京漆器、それは「JAPAN」とも呼ばれる千二百年余りの歴史を持つ日本の食器であり、しつらいと作法で磨かれた日本独自の文化にかかせない品です。私たちは今も尚、奥ゆかしく柔らかな、そして凛とした輝きを持つこの道具を愛してやみません。今こそ日本の心をもう一度思い出し、胸を張って世界へ伝えていく。それこそが「漆器のアソベ」の使命だと考えています。

アピールポイント

  • 会社の自慢

    「白い空間」にこだわった店内は、大理石の床と美しく瞬く大理石をちりばめた漆喰の壁で構成されています。やわらかな光と白を基調とした店内で見る漆器には、きっと今までにないインスピレーションを感じていただけるはずです。また、2階にはじっくりとお選びいただける商談スペースもございます。是非、新しい発見と美しい作品との出会いをお楽しみください。

  • 会社の特色

    明治から大正にかけて「遊部屋」として京都に拠点を置き、三条に工房を構えていました。その頃から百貨店などで展示会を開いて自作の漆器を販売し、そして先代の塗師 遊部孝義が戦後すぐに四条通に店(現在の本社ビル)を構え、新しい時代を切り開いていきました。「漆器のアソベ」になってからは、塗師としての厳しい目利きで全国の逸品を扱うまでになり、今も尚、面の美しさを追い求めています。

会社概要

詳細を見る

法人名 遊部工芸株式会社
(アソベコウゲイカブシキガイシャ)
業種 伝統、工芸、製造、卸売、小売
事業内容 漆工芸品の製造・販売
創業 1807年
従業員数 30名 (女:25名、男:5名)
代表者 遊部 尋志(アソベ ヒロシ)
本社所在地 〒600-8091
京都府京都市下京区東洞院通四条下る元悪王子町47-5 
本社電話番号
本社FAX番号 075-344-5338
事業所所在地 下京区
採用予定
その他