企業情報詳細

株式会社優和紙工

ユウワシコウ

最終更新日2019/07/10

  • 京都ものづくり企業ナビ

ラベルの印刷・印字・紙工のことなら!

  • 1974年の創業以来、ラベルの印刷、紙工全般に努めてまいりました。その中でも〝印字〟に特化し、〝印字〟に関しては、業界トップクラスの知識と経験を持っていると自負しております。是非一度御相談下さい。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
仕事の緩急に合わせて、落ち着いた時期には有給消化推進月間をアナウンス。形骸化した有給ではなく、可能な有給消化の仕方を考えています。
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 治療と両立
  • 非正規処遇改善
  • 障がい者活躍
  • 外国人活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 7
    合計 43

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ
弊社は1974年に創業し、2014年には40周年の節目を迎えます。これを機に本社・第二ビルと二極化している機能の一元化・効率化を図る為、新社屋建築が当面の目標です。そのためには、更なる得意先の開拓、新技術の導入による開発・研究は避けて通れません。従来の業務を維持しつつ、新たなカテゴリーに向かうため、優秀な人材とめぐり合う事も企業成長の要と考えます。

アピールポイント

  • 会社の強み

    ベースの印刷はもとより、印字については、サーマル印字、オフセット印刷、オンデマンド印刷と多岐に渡る生産方式を持ち、断裁・加工・検品・納品に至るまで社内で一貫して行う独自システムがあります。これにより、小ロット、短納期対応が可能になりました。また、強固なセキュリティ力を持った印刷、避難誘導の環境に耐えうる、蓄光、再帰反射など特殊商品も提供しております。

  • 会社の特色

    衣料品タグの生産・印字が主業務ですが、最近では、異業種との交流も深めています。
    本来は黒子的な裏方業務ですが、オスカー企業認定や、展示会出展等、広角的に活動しており、異業種交流をベースにしたコラボ商品を生み出し、一回り大きく成長した会社作りを目指します。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社優和紙工
(カブシキガイシャユウワシコウ)
業種 デザイン、印刷
事業内容 ■アパレルタグ・ブランドタグ・シール・ラベル・パッケージ・パンフレット・カタログ
■ラベル・シールへの印字・バーコード印字
■洗濯絵表示ネーム・サイズネーム・付記ネームの作成
■セキュリティ・蓄光・反射等特殊印刷
設立 1974年10月06日
創業 1974年10月06日
資本金 2000万円
従業員数 66名 (女:36名、男:30名)
売上高 6億5000万円(2011年10月期)
代表者 吉川 昌宏(ヨシカワ マサヒロ)
本社所在地 〒601-8342
京都府京都市南区吉祥院東前田町25-3 
本社電話番号
本社FAX番号 075-691-4095
事業所所在地 南区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
インターンシップ

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります