企業情報詳細

株式会社平八茶屋

ヘイハチヂャヤ

最終更新日2018/07/11

  • 母屋

  • 庭園

老舗の味、老舗の心

  • 創業天正年間、安土・桃山時代、若狭街道の街道茶屋として発祥いたしました。東に比叡山、西に高野川の清流を望む景勝地にあります。騎牛門をくぐり、約600坪の庭園には、大小の座敷が点在し、四季折々の季節を肌で感じていただけます。静かなお座敷で、お客様にお召し上がりいただく懐石料理。こだわりの食材を手間暇惜しまず丁寧に調理し、目で舌で香りでお客様にお楽しみいただきます。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 6
    合計 44

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

社長  園部 晋吾

私が求める人は、社会に恥じることのないよう「品位」と「節度」を持って行動できる人。お客様を思い、お客様の幸せを求めて、お客様のために行動できる人。言われたことはすぐに実行し、それぞれに与えられた役割を責任を持って果たせる人。できない言い訳を考えるのではなく、常にできる方法を考えられる人。私も働く仲間の一人として、会社の目的を達成するため、ともに努力していきます。

アピールポイント

  • 会社の強み

    昔の母屋

    初代平八は、京を出る旅人にいっぱいの麦とろをお出しして、旅の安全を祈願しました。また、京に入る旅人に、一服のお茶をお出しして、旅の疲れを癒しました。創業当時の初代の心は、440年の時を経て、父から子へと継承されていきました。当代当代がその時代に合わせて残すもの、変えていくものを判断し、変わらぬ平八茶屋を今に残しています。

  • 会社の自慢

    懐石料理

    創業以来の名物、麦飯とろろを中心に、日本海でとれたぐじ(甘鯛)を使った若狭懐石、江戸時代の饗応の膳である本膳料理、夏目漱石も食した川魚料理、地元でとれた京野菜、旬の食材を使った月替わりの懐石料理から、お弁当、百貨店でのお惣菜、ギフトセット、おせち料理に至るまで、幅広い日本料理を提供しています。

  • 会社の特色

    社員すべてに、日本の文化、室礼、所作、立ち居振る舞い、お茶の心を身につけさせ、お客様に心から日本料理を楽しんでいただけるよう教育していきます。日本の良さを継承し、次世代に伝えていく担い手の一人として育てていきたいと思います。

  • 会社の理念

    食を通じて、人と人とのつながりを深め、来ていただいた方すべてに幸せを感じていただくことにより、会社の永続的な繁栄と社員の豊かな生活を目指すことを目的とする。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社平八茶屋
(カブシキガイシャヘイハチヂャヤ)
業種 伝統、観光、宿泊、旅行、飲食、サービス
事業内容 ●料亭
●料理旅館   
●惣菜製造・販売
設立 1964年07月01日
創業 天正年間
資本金 1000万円
従業員数 9名 (女:4名、男:5名)
代表者 代表取締役社長  園部 晋吾 (ソノベ シンゴ)
本社所在地 〒606-8005
京都府京都市左京区山端川岸町8-1 
本社電話番号
本社FAX番号 075-781-6482
事業所所在地 左京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報