企業情報詳細

日本特殊研砥株式会社

ニホントクシュケント

最終更新日2021/10/27

未来を磨く

  • 日本特殊研砥は、産業の進歩と共に変化するお客様のニーズに応える、京都の研磨材メーカーです。

    近年は売上の約6割が海外向けで、ドイツで行われる展示会に参加するなど、海外への販路にも力を入れています。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 治療と両立
  • 女性活躍
  • 若年者活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 7
    休日が多い 7
    合計 42

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

先輩からのメッセージ
やりたいことがあれば、誰にでもチャレンジの機会を与える社風。若手も活躍の機会が多く、自ら開拓していこうという意欲を持った方にはぴったりの環境です。

アピールポイント

  • 会社の強み

    ・製品はすべて自社開発なので、「日本特殊研砥の砥石にしかできないこと」があり、価格ではなく技術力で戦える点。
    ・ほとんどの生産設備を内製化していること。時間はかかるが、効率的な生産や類似品防止の要である。
    ・幅広い業界にも対応できる製品展開と営業の提案力。海外展示会に出展する等、積極的な姿勢。
    ・顧客の発注変動にもとことん対応する工場の瞬発力。
    ・なんと言っても、自発的に動ける社員。

  • 会社の自慢

    パソコンのハードディスクドライブ、自動車のサスペンション、風力発電機の部品、スマートフォンの外装、チタン製のメガネフレーム、国産はもちろんスイスやアメリカの高級時計、人工関節、楽器、装飾品、墓石等、幅広い用途に日本特殊研砥の製品は使用されています。

会社概要 / 採用情報

詳細を見る

法人名 日本特殊研砥株式会社
(ニホントクシュケントカブシキガイシャ)
業種 機械、製造、化学、卸売
事業内容 工業用研磨材の研究開発・製造・販売
設立 1953年03月06日
資本金 9900万円
従業員数 116名
売上高 年商 22億円(2021年03月期)
代表者 代表取締役社長  堀江 南太郎(ホリエ ナンタロウ)
本社所在地 〒601-8327
京都府京都市南区吉祥院御池町18番地 
本社電話番号
事業所所在地 南丹、京都府外(東京都)
ホームページURL
採用予定

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります

職場のコミュニケーション円滑化の取組みや社内慣行・風土を変える取組みなど、制度利用を促進する取組みを行っています

情報提供や啓発、教育研修など、働き方改革を推進するための周知啓発を行っています

人材育成や業務内容・業務体制の見直しなど、働き方改革の一環として、業務改善を行っています

労働時間・休暇取得状況等の実態把握や社員の意識調査など、働き方改革の実態を把握し、管理する取組を行っています

直近1年間の残業時間の上限・年次有給休暇取得が法定基準をクリアしています

直近3年間に、場所や時間についての多様な働き方を実現するための制度利用の実績があります

直近3年間に、育児と仕事の両立を支援するための制度の利用実績があります

直近3年間に、介護と仕事の両立を支援するための制度の利用実績があります

直近3年間に、治療と仕事の両立を支援するための制度の利用実績があります

管理職に占める女性労働者の割合が産業別平均以上であり、かつ直近3年間に、女性活躍を推進する制度の利用実績があります

直近3年間に、非正規社員の処遇改善を推進する制度の利用実績があります

高齢者の活躍を推進する制度を活用し、65歳以上の高齢者が実際に活躍しています

障害者の法定雇用率をクリアしており、かつ直近3年間に、障害者の活躍を推進する制度の利用実績があります

直近3年間に、若年社員の活躍を推進するための制度の利用実績があり、また、就職した新卒者のうち離職した者の割合が全国平均以下です

直近3年間に、外国人の活躍を推進するための制度の利用実績があります

直近3年間に、社員の地域活動と仕事の両立を支援する制度の利用実績があります

直近3年間に、社員の文化活動と仕事の両立を支援する制度の利用実績があります

直近3年間に、社員の学問と仕事の両立を支援する制度の利用実績があります