企業情報詳細

アルミ応研合同会社

アルミオウケン

最終更新日2019/07/10

  • 要素技術が全てを変える

世界に比肩する物の無い革新的要素技術

  • Al金属の陽極酸化技術「ミタニライト」をベースとして、その特徴を最大限に活用した加工技術を開発し、新素材の開発および用途研究を省エネルギー、高機能の新商品開発へと結実させました。
    ・Mg合金の新陽極酸化技術『ダイヤモンド・マグ』を発明:燐酸根やクロムを使用せず無公害低コスト。
    ・世界初Fe合金の陽極酸化技術『超鉄』を発明:約20μmの不働態膜を生成、低コスト無公害。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 5
    教育・研修制度が充実 5
    給与水準・待遇 5
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 5
    合計 38

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ
要素技術である金属の陽極酸化技術に携わるにつけて他の要素技術とも複合するその多様性に着眼し、無公害、省エネルギーそして高機能の新素材や新商品の開発が、自然の与えてくれた資源を貪ることなく子々孫々までも自然財産を伝え、万人の幸せに通じる道であると信じて、新技術の開発に我が人生の目的を見出しました。

アピールポイント

  • 会社の強み

    放熱性ピストンと世界初アルミ吸気バルブ

    世界初の発明技術を有し、環境負荷の少ない省エネルギー低コストで、高機能の新素材を創り出し、新商品の開発に活かしています。例えば、従来のピストンは、鉄鋳物若しくは軽量化を目的としてアルミ鋳物が使用されていましたが、それらは蓄熱による塑性変形のため燃焼効率の低下を招き、燃費の悪化の一因となっておりました。それに対し、弊社が技術開発した独自加工を施すことで放熱し、塑性変形を抑制する効果が認められました。

  • 会社の自慢

    放熱機能:熱慣流率のグラフ

    世の全てのニーズは、常に反比例の要素を具有する物質および複合物質の開発です。不可能を可能にする潜在能力を弊社は有しております。例えば、自然界には存在しない、単一物質で熱伝導率と熱放射率を具有する素材、光を反射し、熱を吸収放熱する素材、高耐食でありながら導電性である素材の開発などです。具体的には、アルミ単一物質での、熱放射率と熱伝導率の相反する要素を高率にて具有させたのも弊社技術の成果です。

  • 会社の特色

    新陽極酸化加工技術の機能を向上させ、複雑形状部品にも均一に近い厚膜で良質な陽極酸化膜を形成するなど、過去に不可能とされた機能的問題を精査し、他の技術と複合することも含めて可能とします。
    新素材・新部品の開発を目指します。

  • 会社の社会貢献

    主に、自然と調和した環境負荷の少ない、省エネルギー、無公害技術を世に提供致します。

  • 会社の理念

    無公害であり、自然環境と限りなく調和する、そして使用エネルギーの少ない、あらゆる金属とその化合物の表面処理技術を研究し提供致します。現在と子々孫々へと永遠に続く未来を護り、自然が与えてくれた資源を貪ることなく有効に活用し、精神的、物質的に豊かな生活を築くこと、それが、個々の人類の幸せに通じる道と信じています。

会社概要

詳細を見る

法人名 アルミ応研合同会社
(アルミオウケンゴウドウガイシャ)
業種 環境、エコ、製造
事業内容 金属(Al・Mg・Fe各合金)の陽極酸化技術の研究、開発および加工技術指導
金属加工事業のコンサルティング
金属および金属と他成分との複合材の研究開発・用途開発 他
設立 2009年05月14日
創業 2009年05月14日
資本金 30万円
従業員数 3名 (女:2名、男:1名)
売上高 337万円
代表者 山口 光明(曠二)(ヤマグチ コウメイ コウジ)
本社所在地 〒607-8155
京都府京都市山科区東野狐藪町16番地 株式会社ヤマシナ内
本社電話番号
本社FAX番号 075-644-5697
事業所所在地 山科区
ホームページURL
採用予定