企業情報詳細

後藤新助法衣仏具店

ゴトウシンスケホウイブツグテン

最終更新日2017/08/17

  • 店舗内部

  • 寺院様の行事風景

和文化の神髄に触れる

  • 和文化を構成している要素の中には様々なものがありますが、寺院関連の事柄も密接に関わっています。その寺院様方で使用される法衣・袈裟・仏具等を通し、和尚様方とコミュニケーションを進める中で、和文化の神髄に触れることが可能です。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 6
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 5
    合計 40

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

初めまして。
明治28年(1895年)の設立開業から100年余になります。
今まで、各代々がその時代に相応した理念を持って、経営に励んできたために、今日の四代目に引き継がれて来られたと思います。
当代としては変化の激しいこの時代を乗り切るために、この先10年20年先を見据えて、私の代、次の代に相応した新しい仕方を、模索していきたいと常々思っています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    当店が対象としている臨済宗の各寺院様は、日本国内全国各地に所在しています。当店では、複数の担当者による分担制で、全国各地をくまなくご訪問し、業界内で高いシェアと知名度を確保しています。世界遺産に登録されている寺院様方とも懇意にさせていただいています。

  • 会社の自慢

    彦根藩士を祖先に持つ、近江屋吉兵衛の子『新助』が、同じ彦根出身の「野一色清兵衛」に弟子奉公に入り、晴れて免許皆伝、帯刀分家を許され(1895年)家紋も授与される。
    以来初代(1916年没)の名前の『後藤新助』を名乗り、屋号にも使用、二代目新三郎(1936年没)三代目新蔵(1977年没)四代目鑄次郎(1948~)に引き継がれ、今日に至っています。

  • 会社の特色

    当店では、かなり早くから他社に先駆けてコンピュータシステムを導入し、お客様情報や受注管理を行っています。また、臨済宗の法衣店としては最大規模の自社社屋を有し、自社内でさまざまな作業ができる環境を整えています。

  • 会社の理念

    法衣・袈裟・仏具などは伝統工芸品です。様々な職人技によって支えられており、職人さん抜きには維持することができません。しかし、年を重ねるごとに後継ぎがなく廃業される方も増えており、伝統の維持に不安が生じています。私どもは、可能な限り現在の技術を先の世代に伝えていくことを使命としています。

会社概要

詳細を見る

法人名 後藤新助法衣仏具店
(ゴトウシンスケホウイブツグテン)
業種 伝統、織物、小売
事業内容 臨済宗寺院様で使用される法衣・袈裟・仏具などの製造販売を行っています。
設立 1895年01月01日
創業 1895年01月01日
従業員数 8名 (女:3名、男:5名)
代表者 後藤 鋳次郎(ゴトウ チュウジロウ)
本社所在地 〒616-8041
京都府京都市右京区花園寺ノ前町30 
本社電話番号
本社FAX番号 075-462-3616
事業所所在地 右京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報