企業情報詳細

株式会社丸二

マルニ

最終更新日2018/02/27

  • 京都ものづくり企業ナビ

日本の歴史を伝える伝統の技

  • 丸二の『京からかみ』に使用しております版木は、古いものでは天保時代に作られたもので、約百七十年にわたり、その伝統美を支えてまいりました。
    京に伝わる職人の技で、丹精を込め緻密に彫り上げられた“版木”。
    一枚一枚、伝統の文様を丹念に刷り上げていきます。
    この手間を一切惜しまない丹念な製法が、“京からかみ”の優美な味わいをかもし出します。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 8
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 7
    合計 46

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

弊社は「からかみ文化の伝承」をコンセプトに、商品企画から製造・販売までを手がけています。
持ち味を活かしつつ異素材と融合させるなど、現代空間に合った新しいからかみを提案するとともに、近年は本社に「からかみギャラリー」を設けて情報発信を始めました。メイン事業である襖・障子・表具など和室の内装材料の卸、更にホテルやレストランの内装、商品パッケージ等、今後様々な入り口を開拓し、魅力を発信していきます。

アピールポイント

  • 会社の強み

    『からかみ(唐紙)』は、その漢字が示すように、もともとは中国から輸入された紙のことを指します。 
    京からかみは、一種の版画のようなものです。紙・木・絵具のコラボレーションによって、一枚一枚表情の違った作品が生まれます。そのバランスの妙は、まさに手加減によるほかはなく、また、版画のようにバレンを使わず直接手のひらで摺るため、版木の彫が深く、仕上がりも味わい深いものとなります。

  • 会社の自慢

    キラ(雲母)・胡粉(貝殻粉)・金銀箔・粉・顔料などの自然素材に彩られた、控えめで、しかし自己主張する京からかみのその意匠は、日本の伝統と文化に育まれた、まさにグッドデザインではないでしょうか。
    弊社では、京からかみを、建築と切り離せない内装の一環として、また、現代建築の住空間を満たす一つの素材として、ご提案させていただいております。

  • 会社の社会貢献

    壁紙として使用する際、建築基準法で、内装の制限を受ける場所(公共施設・旅館・ホテル等)に施工するとなると、それぞれ所要の防火性能を有した材料でなければなりません。弊社では、あらゆる空間に『京からかみ』を安心してご使用いただけるよう、国土交通大臣認定の防火壁装材料として、一般財団法人日本壁装協会に登録しております。また、『シックハウス対策登録襖紙見本帳』として、日本内装材連合会より認定されています。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社丸二
(カブシキガイシャマルニ)
業種 伝統、工芸、建築、卸売、小売
事業内容 襖・表具・壁紙・インテリア内装材料卸および施工・表装 全般・
京からかみ製造発売元
設立 1982年12月21日
創業 1946(昭和21)年
資本金 1000万円
従業員数 12名 (女:4名、男:8名)
代表者 代表取締役  西村 和紀(ニシムラ カズノリ)
本社所在地 〒600-8076
京都府京都市下京区高辻通堺町東入泉正寺町462 
本社電話番号
本社FAX番号 075-361-8876
事業所所在地 下京区
ホームページURL
採用予定