企業情報詳細

株式会社嶋石

シマイシ

最終更新日2016/07/09

料理人の思いに応える、“オーダーメイド野菜作り”

  • 家業の農家10代目。多種多様な京野菜を育てる他、料理人の要望に応えた「オーダーメイドの野菜」を手掛けます。『京都伝統野菜研究会』や『新京野菜の会』では有志とともに講演や農業指導も。農林水産省提唱の「農山漁村の6次産業化」=「地域資源と産業を結びつけ、雇用確保と所得向上を目指す」に呼応し、京都の農業の躍進のため力を尽くしています。企業、農家、学生を繋ぐ新たな農業へ。共鳴し、互いに高めあえる同志求ム!

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 10
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 8
    合計 47

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

「料理人の熱意に応える野菜を作りたい」。
仕上げたい味のイメージやビジョンを共有し、より細やかに応えていくため、彼らとのコミュニケーションは欠かしません。縁の下の力持ちとして、意識の高いレストランや料亭を支え続ける存在でありたいと願っています。農業には自然に寄り添う感性と、新たなチャレンジを楽しむ柔軟な姿勢が大切。目標を同じくする方を、「農業塾生」として迎え入れています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    既存の感覚に捉われず、新たな野菜作りや栽培方法の工夫にもどんどん挑戦。徐々に実績が認められ、出荷先数は現在約300軒になりました。関西、東京、その他全国へ約1/3ずつ、ほぼ毎日収穫した野菜を出荷しています。その殆どが、オーナーシェフの個人店舗。料理のプロ達の要望に対応できる生産体制を敷いています。

  • 会社の自慢

    市内農家の有志で結成した「新京野菜の会」では、京都市や京都大学との提携の下、新しい京野菜作りを試みています。ビタミンCが2倍の新種トマト「京てまり」、唐辛子の葉を摘む葉物野菜「京唐菜」などの独自野菜は、すでに本格栽培がスタート。ご好評を頂いています。今後はさらに京野菜を一つの観光資源として活かすべく、体験農場やオーナーシステムなど新たな農業のイメージを提言していく予定です。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社嶋石
(カブシキガイシャシマイシ)
業種 伝統、農林、食品、小売
事業内容 ■農産品の生産、販売
■農業全般に関するコンサルテーション
■不動産賃貸業
設立 2006年06月06日
資本金 1000万円
従業員数 3名 (女:1名、男:2名)
代表者 石割 照久(イシワリ テルヒサ)
本社所在地 〒601-8374
京都府京都市南区吉祥院嶋笠井町83 
本社電話番号
本社FAX番号 075-672-2770
事業所所在地 南区
採用予定
採用情報
その他