企業情報詳細

シグマトロン株式会社

シグマトロン

最終更新日2019/07/10

  • 京都ものづくり企業ナビ

ものづくりを究める総合エンジニアリング

  • シグマトロンは、「ソフト開発」「電子技術」「テクニカルソリューション」「ネットワークソリューション」の4つの部門から成り立つ、ソフトウェア・ハードウェア・ファームウェアの設計・開発・製造を行う総合エンジニアリング企業です。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 10
    福利厚生が充実 8
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 10
    合計 51

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    シグマトロンは、社員一人ひとりのポテンシャルを大切にする会社です。
    教育研修においても、社員の個性や可能性を伸ばす豊富なカリキュラムを用意し、プロフェッショナルへの着実なステップアップを支援する体制を整えています。

  • 会社の自慢

    「品質保証」それは今や企業とメーカーにとって事業運営と経営の生命線を担っています。
    テクニカルソリューション部門は、シグマトロン独自のプロジェクト管理手法、ISO基準、PDCA手法に基づき、製品・品質検査から総合評価、そして開発支援となる性能テストまでお客様のあらゆるリクエストに対応しています。

  • 会社の社会貢献

    ISO9001:2008

    シグマトロンは、次世代のIT業界を担う社債発行適格企業であります。さらに、お客様に安心して使っていただくために、品質を保証する国際規格であるISO9001認証を取得(2006年3月10日)し、「確かなモノづくり」に向けて、更なる努力を続けています。

  • 会社の理念

    シグマトロンのビジョンは『モノづくり』を究めた総合エンジニアリング企業にあります。
    ハードとソフト技術を併せ持つ総合エンジニアリングサービス企業として、将来的には「大手家電総合メーカーのようなジャンルの広い企業」になる、という目標を掲げ、シグマトロンは更なる発展を続けていきます。

会社概要

詳細を見る

法人名 シグマトロン株式会社
(シグマトロンカブシキガイシャ)
業種 IT、情報通信、鉄道
事業内容 通信制御系のソフトウェア設計・開発およびハードウェア設計・開発
情報通信ネットワークの設計・管理・運用支援サービス・各種システムテスト
設立 1957年01月05日
創業 1957年01月
資本金 6500万円
従業員数 550名 (女:50名、男:500名)
代表者 代表取締役社長  髙山 芳之(タカヤマ ヨシユキ)
本社所在地 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-8-14 東京建物第3室町ビル
本社電話番号
本社FAX番号 03-3243-0811
事業所所在地 下京区、京都府外(東京都、大阪府、兵庫県など全国各地)
ホームページURL
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報
その他

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります