企業情報詳細

もりした循環器科クリニック

モリシタジュンカンキカクリニック

最終更新日2019/07/10

最新設備を備えた循環器科クリニック

  • 心臓血管病やそれに至る生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症)の診断・治療を主体とした新しいタイプのクリニックです。心臓の冠動脈が鮮明に見えるデュアルソースCTを導入するなど、設備も充実しております。
    また、心臓フィットネスセンターやメディカルフィットネス北白川を併設しています。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 休暇取得促進
  • 若年者活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 8
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 8
    合計 48

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

院長 森下 浩

心臓と血管の病気を診断・治療するのが循環器内科です。
心臓病は突然死の原因として最も多いとされています。あらゆる角度から早期発見に努め適切な処置のもと入院設備のある医療機関へ送る体制を重視しております。また、スタッフも常に患者様の立場に立った対応を心がけております。

アピールポイント

  • 会社の強み

    当クリニックは設備に力を入れており、診療レベルの向上に努めています。従来の64スライスCTを越えるデュアルソースCTを導入、冠動脈CT造影を行い、狭心症、心筋梗塞の診断に大いに役立っています。クリニック内は完全バリアフリーになっており、車椅子のままトイレも利用できます。

  • 会社の自慢

    「心臓フィットネスセンター」
    当クリニック3階には心臓フィットネスセンターを設置しています。このセンターでは、心肺運動負荷試験を実施し、運動処方箋を作成しており、個々に応じた運動療法が行えます。心臓リハビリテーションのみならず、生活習慣病予防運動療法といった目的に合わせたトレーニングも可能です。

  • 会社の特色

    「メディカルフィトネス北白川を併設」          
    メディカルフィットネスとは、医療機関に併設される施設です。医師による運動処方箋を発行し、それに基づき健康運動指導士がプログラムを作成、指導します。個人に合った運動内容なので、無理のない運動が行えます。

  • 会社の理念

    患者様一人ひとりとの対話を大切にしたい。そんな中から身体のSOSをみのがさず、的確な診断と治療を心がけ、心臓血管病の早期発見・早期治療に貢献したいと考えております。

会社概要

詳細を見る

法人名 もりした循環器科クリニック
(モリシタジュンカンキカクリニック)
業種 医療
事業内容 心臓血管病の診断・治療を主体としたクリニック
設立 2002年10月04日
創業 2002年
従業員数 38名 (女:28名、男:10名)
売上高 3億7100万円(2017年12月期)
代表者 院長  森下 浩(モリシタ ヒロシ)
本社所在地 〒606-8277
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町36 
本社電話番号
本社FAX番号 075-702-1122
事業所所在地 左京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
インターンシップ

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります