企業情報詳細

株式会社ゴードーキコー

ゴードーキコー

最終更新日2019/09/10

  • 京都ものづくり企業ナビ

少数精鋭で全員参加の経営がモットーです

  • 弊社はスリッターの専門メーカーとして日本のモノづくりに寄り添い、ともに進化してきました。スリッターとは、フィルム等のロール状の材料を高速で切断し、巻き取る機械です。各種包装用フィルムはもちろん、光学・エネルギー・環境関連向けなど、あらゆる分野のお客様に満足していただけるスリッターを供給しています。何事にも少数精鋭で取り組む弊社では、自己の成長を日々実感できます。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 高齢者活躍
  • 若年者活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 5
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 6
    合計 45

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

弊社は、独自の技術と高品質の提供ということを念頭に、日々努力を重ねてまいりました。その結果、多くのお客様より高い評価をいただけるまでになりましたが、生業としてのモノづくりの原点を見失うことなく、これからも様々な製品を世に送り出してまいりたいと考えております。

アピールポイント

  • 会社の強み

    品質に一切妥協はしません

    弊社は「品質世界一」をスローガンに掲げて日々努力を重ねております。中でも重要視しているのが「お客様と技術者とのコミュニケーション」です。品質を作り込む技術者がお客様との窓口となりご要望を直接お伺いいたします。そして様々なアプローチの事前検証でより、完成度の高い製品を創りあげます。その結果、弊社の技術力は業界内で高い評価を受けています。

  • 会社の自慢

    クリエータースウィートを実践しています

    お客様の要望が高度化、複雑化する昨今、社員一人ひとりが、高いレベルの仕事をしなければ、お客様に喜んでいただける製品は創り出せません。弊社では、事務所を改装するなど社員が高い能力を発揮できるようなオフィス環境を構築しました。

  • 会社の特色

    弊社の事務所はすべての部署がワンフロアで仕事をしており、非常に風通しのよい社風です。社内クラブも複数あります。部署をこえて日常的にコミュニケーションを取ることで一致団結してよりよい製品を生み出せる環境が整っています。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社ゴードーキコー
(カブシキガイシャゴードーキコー)
業種 機械、製造
事業内容 スリッター(産業機械)の設計・製造・販売
設立 1979年07月17日
創業 1979年07月02日
資本金 4550万円
従業員数 61名 (女:6名、男:55名)
代表者 代表取締役  藤村 正明(フジムラ マサアキ)
本社所在地 〒613-0036
京都府久世郡久御山町田井西荒見17-5 
本社電話番号
本社FAX番号 0774-46-1012
事業所所在地 山城、京都府外(東京都)
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用情報

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります