野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2018年5月25日 (金)
アオサギ,頑張りました!


先日,アオサギが放野の日を迎えました。
これはそのリハビリのお話です。
blog20180522_1_q5

そのアオサギは体がパンパンに膨らむほど胸に空気が溜まり
そのせいか,魚を食べさせても吐き戻し
体もフラフラして足が立たず
深刻な事態が次々に連鎖して起きているようでした。

二日にわたって空気を抜くと
胸のつかえが取れたのか,魚を食べても吐かなくなりましたが
へなへなとへたり込んだまま。
このままだと,自分の体重で胸が圧迫され,床ずれのようになってしまいます。
何とか立った状態を保ってあげなくては!

イヌに付けるハーネスのようなものがあれば,
さらには,吊るした状態で歩行訓練ができる設備があればいいのですが…。
ないんだから,作るしかない( `ー´)ノ
ということで,救護センターお手製のハーネスです。

blog20180520_7_q5
これのどこが…とお思いでしょうが,足の長い鳥には結構使える代物です。
バスタオルを縦半分に切り,真ん中に切れ目を入れています。
切れ目に足を通し,タオルの端をクリップで段ボール箱に固定して吊ります。
blog20180522_2_q5

歩行訓練はできないけれど,立つ訓練にはなります。

吊った当初は,操り人形のように足指がたら~んとしていましたが
日が経つにつれ,足に力が入り,立てるようになりました。
この時は嬉しさのあまり,アルプスの少年のように
「立った,立った~!アオサギが立った~!わ~い」と叫びそうになりました。

次は広いケージに移し,自主的に歩行訓練をしてもらいました。
「すぐにでも歩けるようになって,飛べるようになって」と期待が高まったものの
いつまで経っても,おっとっとフラフラの千鳥足。
ここまでが限界かな…と思い始めた矢先,
膝丈ぐらいの高さの止まり木に乗っていたのです。
blog20180521_2_q5

その後,一番高い止まり木に仁王立ちしている姿も目撃し
めでたく放野の手続きをとることができたのでした。
blog20180521_4_q5

                               救護センタースタッフ 吉川

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示