野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2018年01月10日 (水)
みんなちがってみんないい

私たち人間と鳥類には多くのちがいがあります。
鳥類は全身が羽毛で覆われていますし,
blog20180106_1
          緑色の羽毛が特徴のアオバト

種によって異なった形のくちばしを持ちます。
blog20180106_2
     魚を捕食するため,細く長いダイサギのくちばし

blog20180106_3
     木の実を好むイカルのくちばしは大きくて頑丈

翼があるので,ほとんどの鳥類は空を飛ぶことができます。

見た目だけではなく,
体の内部の構造も人と違う部分があることを知っていましたか?
実は私たち人間は1つしか胃を持ちませんが,
多くの鳥類は2つの胃を持つのです!
 

1つ目は「前胃(腺胃)」です。
ここでは人間と同じように消化液によって食物の消化を行います。

その後,食物は2つ目の「砂嚢(筋胃)」へと入っていきます。
人は食べ物を食べるときに口の中で咀嚼しますが,鳥類は丸飲みです。
強力な筋肉を備えた器官で,
飲み込んだ小石や砂で固い食物でもすり潰し,細かくすることができます。

救護センターでは野鳥が死亡した際,
原因を把握するために解剖を行うことがあります。
12月に死亡したトラツグミを解剖してみたところ,
「砂嚢」の中からこんなものが出てきました。
blog20180106_4
調べてみたところ,「シロダモ」という植物の種と茎だということがわかりました。
おそらくシロダモの実を茎ごと飲み込み,実だけが消化され,
種と茎が残ったのだと思われます。
強力な胃でもつぶされない固い種子のおかげで,
シロダモは子孫を残せるのですね。

せっかくなので,この実を植えて育ててみることにしました。
立派な実がなったら,救護センターの鳥たちに与えてみたいと思います。

   救護スタッフ アベ

 

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示
モバイルサイトのご案内 京都市動物園の情報が携帯でもご覧頂けます。