野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2018年01月03日 (水)
オオバン

新年明けましておめでとうございます。
救護センターでは,新年2日から通常どおりの受付を行っています。
今年も皆様のご支援,ご協力をよろしくお願いします。

さて,去年の受付最終日にオオバンが持ち込まれました。
blog20180104_1_q5

口から出血していたので,肺から出血か!? と緊張が走りましたが
くちばしの先がちょっと折れて出血していたと判明し,胸をなでおろしました。
今では状態も良くなり,カモ用のリハビリケージで放野を待っています。

オオバンは京都府のレッドデータブックでは準絶滅危惧種になっています。
以前はあまり見かけることはありませんでしたが,年々数が増え
すっかりおなじみの冬鳥になってきました。

クイナ科の鳥の中では泳ぎが得意で,川にちゃっぷちゃっぷ浮かんでいます。
ずんぐりとした黒っぽい水鳥なので目立ちにくいですが
動物園に隣接する噴水池にも来ているんですよ。
blog20180104_2_q5
 大阪のビジネス街,淀屋橋の堂島川でも目撃!

泳ぎが得意なわけは,足が弁足だからです。
太くて長い足指に,木の葉のようなビラビラの水かきが付いています。
blog20180104_3_q5
ブログ『秋の夜長の昔話』で紹介したカンムリカイツブリと同じタイプですね。

額にある額板(がくばん)とくちばしが白いのも特徴の一つです。
英語圏ではオオバン(coot)を使った『 as bald as a coot 』という成句があります。
「すっかり頭部がツルツルになって」という意味ですが
額板が白いから,羽が抜け落ちてしまったように見えるのかな。

                               救護センタースタッフ 吉川

 

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示
モバイルサイトのご案内 京都市動物園の情報が携帯でもご覧頂けます。