野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2017年12月12日 (火)
仲間思いのアトリに寄せて

冬鳥のアトリが救護センターに来ました。
でも,先日のルリビタキと同じく
救護センターに着いた時にはすでに亡くなっていました。
何も治療を行わなかったので受付事項として扱うことはないのですが
今年度から着時死亡の記録をとっています。
「この鳥を助けたい,何とか助かってほしい」と願って,救護センターまで運んで来てくださった方々のお気持ちを,何らかの形に残しておきたいと思ったからです。

アトリはおそらく何かにぶつかったのでしょう。
倒れていたアトリの周りには,何羽かアトリが取り囲んでいたという話を伺いました。
仲間のことが心配でそばにいたのかなと思うと,胸が一杯になりました。

アトリは群れで行動する鳥です。
年によっては万単位の集団を作ることもあるそうです。
集まる鳥,集鳥(あつとり)からアトリの名になったとされています。
blog20171212_2_q5 
  1羽の写真を撮ったつもりが4羽集まっていました(^^)

漢字では花鶏と書きます。これには,橙色をしたお腹の羽が美しく,
群れて木に止まっている姿が花のようだから,という説があります。
いずれにしても,橙色と黒と白の羽模様は,自然の造形美が感じられます。
渋好みにはうってつけの美しい模様です。
blog20171212_1_q5

万葉集に収められた防人歌にアトリの名前が出てきます。
『国廻り 花鶏鴨鳬(あとりかまけり)行き廻り 帰り来までに斎(いは)ひて待たね』
国中を行き来するアトリやカモやケリのように,防人の仕事に出向く私が帰ってくるまで無事を祈って待っていてください。

アトリが渡り鳥の一つに挙げられ詠まれたのは,
昔から馴染みのある鳥だったということでしょうね。

                              救護センタースタッフ 吉川

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示